【格安SIM節約術】スマホでモバイルデータ通信使用量を確認する方法/Android標準機能

データ容量の少ない格安SIM(0 SIM等)を使う場合、できるだけデータ通信の使用量を抑えたいところ。

その一歩として、月々の使用量を目に見えるようにしておくと安心です。

格安SIM各社のマイページやアプリ等で用意されていれば確認できますが、Android標準の機能としてもデータ使用量を確認できる項目があります。

各社が用意するアプリ等だと反映が遅かったり、微量ながらも通信量が発生するので、こちらの機能のほうが素早く確認できるメリットがあります。

が、初期状態だと月単位になっていないので、使いやすいように下ごしらえしなければいけません。

その方法をザッとご紹介してみます。

※サンプル画面のOSはAndroid5.1.1です。

データ使用量をチェックするための下ごしらえ

まず、「設定」を開きます。
設定>データ使用量
データ使用量」をタップ。

 
データ使用量、各項目にチェックを入れる
この画面でデータ使用量が確認できるのですが、少々不都合があることが多いので、次の項目を改めて確認します。

(1) モバイルデータをON
(2) モバイルデータの上限を設定するをON
(3) (2)のすぐ下の日付が書かれているところをタップ。

おそらく(1)と(2)は始めからオンになってると思いますが、もしオフだったらオンにしてあげてください。

 
サイクルを変更
一番下の「サイクルを変更…」をタップ。
 

毎月のリセット日を「1」に設定
毎月のリセット日を「」に変えます。

右下の「設定」をタップすれば完了です。
 
これは何をしたのかというと、困ったことに多くのスマホでは中途半端な日付に設定されていることが多いです。

「1」に変えることで、データ収集の期間が「1日~末日」になるので、月々の使用量が把握しやすくなります。

設定→データ使用量でいつでも把握できます

データ使用量
データ使用量はこんな風に、
現在までの期間(例では5/1~31)、現在までの使用容量(例では165MB)、下にはグラフが表示。

これで、「設定」→「データ使用量」の画面を見れば、いつでもその月に利用したモバイル通信のデータ使用量が把握できるようになりました。
 
上の画像で、「580MBに制限/350MB警告」のラインが気になる方もいらっしゃると思います。

これはうっかり使いすぎを防ぐための機能

その設定方法は、モバイルデータ使用量の上限を設定する方法へ続きます

【格安SIM節約術】スマホでモバイルデータ使用量の上限を設定する方法/Android標準機能
スマホの標準機能でモバイルデータ通信使用量を確認する方法のつづきです。データ容量の少ない格安SIM(0 SIM等)を使う場合、で...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>