Windows10、プリンタの詳細設定がシンプル過ぎるのは変なので復旧させた/NEC 5600C

NECカラーレーザープリンタMultiWriter 5600C
NECのカラーレーザープリンタ「MultiWriter 5600C」。

Windows7時代からこのプリンターを使っていて、Windows10移行後ももちろん使い続けています。

Windows10マシンに何事も無く認識され、ドライバインストール中もトラブル無く、PDF等の印刷も問題無くできていました。

が、ふと「詳細設定」をいじりたい場面に遭遇したので、プリンタダイアログから5600Cの「詳細設定」ボタンを押すと。
5600C詳細設定がシンプル
めっちゃシンプル。

いやいや、この機種の詳細設定はこんなに殺風景じゃないですから!

この異変に、いつもPC起動と同時に立ち上がるランチャーから、「ステータスウィンドウ」ボタンを押してみると、
5600Cプリンターがインストールされていません
「プリンターがインストールされていません」

いやいやいやいや、Windows10移行後も何度か文書を印刷してますよ? ドライバ入ってるんじゃないですか!?

と思ったものの、この一連の流れから察するに、どうやらNEC配布のドライバじゃなくて、Windows10の標準ドライバ的なもので動いてるんじゃないだろうか。

思い起こせば、このWindows10パソコンにNEC5600Cを認識させた順序は、

  • PCにプリンタをUSBケーブルでつないだ
  • プリンタの電源を入れた
  • NECから落とした公式ドライバ(ソフト込み)をインストールした

この順番がプリンタインストールソフトウェアの指示通りだったはず。

しかし、最初の段階で標準ドライバが勝手に入れられたに違いない。で、後のNECドライバは無視された、と推測。

いったん、コントロールパネルの「プログラムと機能」(かつてのプログラムの追加と削除)からドライバのアンインストールを試みてみることに。
プログラムの追加と削除
Windows10は、タスクバーのWindowsボタン右クリックからサッといけるのが便利ですね。

「NECプリンタソフトウエア(サポートツールなど)」を選んで、上の「アンインストールと変更」ボタン。

あとは出てきた画面の指示にしたがって全て削除。

完全に終わるまでえらく時間がかかって(バーが目測80%あたりで10分くらい止まってた)、内部ファイルの破損とかでトラブってるんじゃないかと焦りましたが、じっと待ってたらなんとか削除完了。そしてPC再起動。

起動後、NECからDLしたドライバを再インストール。

このとき、手順は一部無視してプリンタの電源を落としたままインストールを進めました。

インストール完了→ PC再起動。

起動後、ランチャーから「ステータスウインドウ」を押してみると、
5600Cプリンターがインストールされていません
あれ、まだダメか!?

あ、まだプリンタの電源落としたままだった。

てことで、プリンタ電源ON。

若干待ってみてから、ステータスウィンドウを見るとちゃんとインク残量が表示されました!

そして適当なソフトから「詳細設定」まで進めてみると
5600Cプリンタドライバ復活!
5600Cの賑やかな設定画面が戻ってきた!

普通に動いてると思っていたものが、実は普通じゃなかったのは気持ち悪かったので、これでひと安心です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + 八 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>