安いUSB LEDライト&モバイルバッテリーで枕元にカワイイ読書灯!Kindleにも最適

USB LEDライト
先日、Kindle本体を買ったものの、いちばん安い機種なので画面が光りません。

なので布団の中での読書は不向き。むしろムリ。

そこで読書灯に使える安いライトが無いかなーと物色してると…良さげなのがありました!

なにかの検査器具か、ブラシの無い歯ブラシのように見える不思議なカタチをしたコレ。

端っこがUSB端子になってるLEDライトなんです。298円也。

PCやUSBコンセントにも挿せますが、
私の場合は使用頻度が低くなったモバイルバッテリーに挿す!

使わなくなったモバイルバッテリーに第二の人生

モバイルバッテリーに刺して
スマホの電池容量の肥大化とともに大容量のモバイルバッテリーを買い増ししていくと、昔使ってた低容量のバッテリーは活躍の場が失われてしまいます。

でも、まだ容量は残ってる。

すっかり引き出しの番人になっていたところ、「おい、仕事だ」と久々に呼び寄せました。
 
モバイルバッテリーの電源ボタンを押すと…
電源ONでピカーッ!
ピカーーーーッ!!!

小さいわりにけっこうまぶしい!

手元を照らすには十分すぎる光量。

このコンビ、なかなか良い仕事をするじゃない。引き出しの番人も新たな相棒を見つけたことで、第二の人生を歩むことができそうです。
 
さぁ、暗闇の中でKindle読書を試みてみましょう。

読書灯として最高の一品

Kindle読書に最適
うん、バッチリ読める!

サイズも小さいし寝床にずっと置いといてもジャマになりません。

私の枕元にはコンセントが近くにないので、ほぼ単体で光るライトはまさに求めていたモノ。200円台で買ったものとしては最高のパフォーマンスですよ。

ライト表面もうまく処理されているので、うっかり直視したときにLED独特の粒状感(ライトのブツブツ)が目に残らないのも◎。

↓Kindle本体に付いてる装飾についてはコチラの記事をご参照あれ

Kindleに本屋さんの紙ブックカバーを装備させると読書アイテム感が強まった
先日、病院に行ったら待合室が激混みで1時間待ち!でも、そのおかげでKindleの読書がとてもはかどりました。今では病院で...

曲げて角度調節できる

おじぎをする方向には結構曲げられます
このLEDライト、おじぎをする方向にはこんな風にけっこう曲げられます。

反対方向にも同じように曲がります。

これで光の方向をある程度調整できます。

が、扇風機のように首をひねる感じには曲げられないので、そこは本体ごと動かすことで対応。

小さめサイズのお手軽ランプ

大きさは約17cm、重さは約18グラム
長さは約17センチ、重さは約18グラムと手頃なサイズ。

ただ、スイッチが無いので、ライトを消したい場合はUSB端子から引っこ抜く必要があるのが唯一の欠点。寝落ちには気をつけなければ…。

他にもこんな用途に使えそう

読書灯(ブックライト)の他にも、

  • 寝床でノートPCに差してキーボードを照らす
  • 簡易懐中電灯(災害時にもそこそこ使えるかも)
  • 小物を撮影している時の補助ライト(簡易レフ板代わり)

などに使えそうです。

手元を照らすにはけっこう明るいのですが、部屋全体をまんべんなく照らすほどのパワーは無いので、懐中電灯としてはさほど強力ではありません。でも、部屋に何があるかを判別する程度には見えるので、枕元に常に置いておけば万一の時には役に立ちそうです。

価格は120~300円程度

このUSB LEDライト。私は楽天で298円(送料込み)で買ったのですが、後でAmazonで調べたら120~130円で売っていてショック!

でも298円でも十分安いと思えたので後悔はしてませんとも…!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


七 − = 3

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>