平日昼休みは繋がりにくい? 格安SIM「0 SIM」の混雑度(速度)をIIJmioと比較測定してみました

0 SIMとIIJmioのスピードテスト
0 SIMって速いの? 遅いの?

と個人的に気になったので、回線速度を測定しました。

最も混むであろう平日お昼~午後にかけての時間帯を中心に。

0 SIM単体だと判断しづらいので、格安SIM大手代表のIIJmioと同時にチェックすることで、性能差が大まかに掴めるんじゃ無いかと思います。

スピードテストは3G端末で測定

表をザッと見て
「あれっ、全体的に速度遅くない?」という印象を抱かれた方もいるかもしれません。

そう、テストは高速LTEではなく3G端末で測定しています。手持ちに各SIMが挿せるLTE端末が無いもので…。
(0SIM側…Nexus4、IIJmio側…Galaxy S2)

ですので、チョっ速のLTEと比べるとデータは見劣りしてしまいますが、あくまでも0 SIMと大手代表IIJmioとの差がどれほどなのかを見て頂ければと思います。心の中でLTE換算してみてください。

測定日は、平日午後
2016年5月31日(火) 12:00~19:00 に実施。

使用アプリは「Speedtest.net」。サーバはTokyo(INSANEWORKS,LLC)に設定。測定値は兵庫県。

回線速度や混雑状況は、日ごとに(時間ごと)に大きく変わるので、この日一日限りのデータが全てに共通するわけではありません。

あくまでも目安、参考値として捉えて頂ければ幸いです。

魔の昼休み時間帯(12時台)をチェック

いきなり魔のお昼休み帯のスピードを測定。

※0SIM、IIJmio両者で高い数値(Pingは小さい値)が出たほうを太字表記。ダウンロードのみ赤字。

時刻0 SIM (3G)IIJmio (3G)
ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Pingダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Ping
12:090.760.452270.980.3789
12:221.240.40710.700.0879
12:310.960.52881.480.44115
12:370.900.411190.500.5499
12:450.760.533261.430.46125
12:550.320.571671.340.5476

多くの会社・学校がお昼休みでみんながスマホをいじり出す時間帯。

格安SIMじゃなくても、ドコモやauだって普通に繋がりにくくなる時間帯なので遅くて当然。12時台はダウンロード速度が1.00Mbps超えてたら優秀だと思います。

ザッと見たところ、この日はIIJmioのほうがダウンロード速度は優秀といえます。さすが大手の貫禄。

昼食を食べ終わって昼休み終了までの駆け込み時間帯(12:30~12:59)がもっとも繋がりにくくなる魔境帯。Ping値が大きくなると体感的な繋がりにくさが現れますが、魔境帯の0SIMは3桁連発という若干厳しい結果になりました。

ただツイッター程度なら、この表の12:55に最新トピックを更新取得しても「若干遅いな」くらいで、数分も待たされることはありませんでした。

比較的すいてる14時~16時帯をチェック

続いて、昼休みラッシュも落ち着いた平日14時台以降を測定してみました。

時刻0 SIM (3G)IIJmio (3G)
ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Pingダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Ping
14:001.140.41750.760.5487
14:301.030.412721.000.5389
15:032.190.49910.920.5287
15:302.160.52740.970.5395
16:060.290.192512.120.5485
16:361.550.35840.770.3389

14~16時台では0 SIM側が有利な結果に。

比較的すいてると思われる時間帯なのに、IIJmio側はダウンロードが1.00Mbpsを切っている数値連発なのが不思議なほどです。ただ、Ping値は0 SIMよりも安定しています。

帰宅ラッシュが始まる17時~19時帯をチェック

最後に、みんなが会社・学校から帰宅しはじめて、電車でスマホを見始める時間帯を測定。

時刻0 SIM (3G)IIJmio (3G)
ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Pingダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)
Ping
17:051.900.392830.890.38158
17:351.620.481190.850.5587
18:030.570.205101.670.5685
18:371.140.513261.110.5387
19:001.130.483611.090.4989

0 SIM側に赤字表記が多いので一見0 SIM有利に見えますが、ダウンロードの数値的にはそれほど大きな差は無いといって良いと思います。

それよりもやはり気になるのがPing値。

IIJ側は1つを除いて安定して2桁キープしていますが、0SIM側は200超の数値が目立つ結果に。

Ping値が大きくなれば接続の体感は遅くなるので、もう少し頑張って欲しいのが正直なところです。

まとめ

0 SIMとIIJmio、ダウンロード速度には圧倒的な差は見られませんでした。

私は4年間IIJmioを使い続けた後、0 SIMに移行して2ヶ月が経過しましたが、0 SIMで3G通信しているときも繋がりの度合いは体感的にはIIJmioとそう変わらない感覚だったので、測定した数値もある程度納得の範囲におさまってます。

ですが、今回改めて数値を出して比べてみると、0 SIM側のPing値の重さは気になりました。

0 SIMはまだサービススタートから間もない格安SIM(現時点で半年足らず)。今後ますますユーザーが増えていく中、ここから品質がズルズルと落ちていかないことを1ユーザーとしては切実に願うばかりです。

さいごに余談。
アプリの使用状況
テスト実行日を5/31に選んだのは0 SIMの使用量に余裕があったから。

今回スピードテストは30回弱ほど実行しましたが、あっという間に64MBも消費!月末ならではのゼイタクです。

究極のドケチSIM!節約家なら「0 SIM」は文句ナシにオススメの格安SIM
「0 SIM(ゼロシム)」は格安SIMの中でも最安中の最安。なんといっても最低維持費が 0円/月!不安が無かったわけでは...
【格安SIM節約術】スマホでモバイルデータ通信使用量を確認する方法/Android標準機能
データ容量の少ない格安SIM(0 SIM等)を使う場合、できるだけデータ通信の使用量を抑えたいところ。その一歩として、月々の使用量を...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


一 × = 2

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>