P9 liteはポケモンGOが快適に遊べるスマホ!ただ2つの弱点さえ飲み込めるならば

P9 liteでポケモンGO
スマホをHuawei P9 liteに乗り換えて約2週間が経ちました。

いろいろ試している最中なので、総合的なレビューはもう少し時間をかけて後日に。

ひとまず「ポケモンGO」が問題なく遊べるスマホなのかどうか。

ほぼ日課のように遊んでる身としては、スマホを選ぶ条件としてそこは譲れません。

2週間プレイした結論としては、問題なく遊べるし想像以上に快適!

以前使っていたスマホ(2年ほど使い倒した Nexus 4)と比べて、プレイ感覚はどう変わったのかを中心に、ポケモンGOに絞ったP9 liteの使用感レビュー、行ってみます。

※通信環境はNexus4もP9 liteも、格安SIMの 0 SIMを使用
※ただし、通信速度は3G(Nexus4)からLTE(P9 lite)へ変化
※検証したポケモンGOのバージョンは0.43.4(2016/10/25更新版)

良いところ

◎起動時間・動作が目に見えて速くなった

ポケモンGO自体の起動には、前機種は約50秒ほどかかっていました。

が、P9 liteは約25秒。半分!

前機種を、ポケモンGOのヘビーユーザーであるわがヨメ様(iPhone6所持)に遊んでもらったところ「カクカクしてるね」と一蹴されていたのが、P9 liteなら「スルスル動く。iPhone6より良いかも」との評をもらいました。

スクロールの引っかかりも格段に減って、目に見えてキビキビする動作は快適そのもの。

さらに、スマホ自体が指紋認証でサクッと起きるので、ちょいスリープからの復帰もパスワードいらずでラクチンなのも良いです。

◎バッテリー持ちが大幅に向上

元々バッテリー持ちに定評のあるP9 lite。

100%充電して、休みの日に11時頃から18時頃まで出かけてみました。

道中歩いてる間は大体ポケモンGOを付けっぱなし(バッテリーセーバーはON)。タマゴ距離の稼げない止まっている時間(電車移動中や食事中)は基本スリープ。

ポケモン以外に、Googleマップ、乗り換え案内、LINE・メールちょい送信など普段使いも交えて。

さすがに帰宅時には10%を下回りましたが、道中モバイルバッテリーを1度も使わずに帰宅することができたのは頼もしい限り!

P9lite バッテリーMIX

さすがにグラフは急降下だが、ポケGO激使用でこれだけ保つのは凄い

もちろん、11~18時までフルでポケモンGOをやっていたわけでは無く、止まっている時間も多かったですが、前機種なら同じ使い方で2時間待たずに10%以下まで急降下だったので、これは劇的な改善です。

○極端に熱くならない

長時間使用で気になるのが本体の温度。

前機種なら「熱い」と感じることもしばしばでしたが、P9 liteはせいぜい「ぬるい」程度にとどまるのは助かります。

※上のグラフを見ても40℃未満と体温ほどの温かさ。

○GPSはそこそこだがアイテム回収は捗る

GPSのつかみは前機種比で心持ち良くなったかな程度。

大体今いるポイントを示してくれるものの、時々どっか行っちゃうことはあります。

が、ポケストップでのアイテムの取りこぼしは格段に減りました

前機種ではポケストップをタップすると、地点名(と写真)が表示されるまでわりと待たされたので、なかなかクルクル回せませんでした。

ポケストップ

うっかり開いた遠方のポケストップもサッと回せる

一方、P9 liteはかなり速く(体感的には瞬時に)表示されるので、GPSのうっかりで遠方のポケストップが開いても、サクッとおこぼれに預かれることが増えてアイテム収集もサクサクはかどるように。

※本体性能の向上か、3G→LTEの通信速度差なのかどちらかの恩恵だと思います。

◎バッテリーセーバーはジャイロが無くても効く

P9 liteはジャイロ機能がありません。

ネットのどこかで「ジャイロが無いからバッテリーセーバーは使えない」と見た記憶があります。

なので、購入前は諦めていたのですが、実際に使ってスマホを下に向けたらしっかり暗転!

P9 liteでもバッテリーセーバー機能、ちゃんと効いてるじゃないですか!

しかも前機種はジャイロ搭載だったわりに、下に向けても暗転したりしなかったり(しないほうが多い)だったので、アプリ側が未熟なのかな? と勝手に思い込んでいましたが、P9 liteでは今のところ暗転しなかったことがありません。素晴らしい。

悪いところ

△ARは非対応

P9 liteはジャイロがないのでAR機能は非対応。

つまりリアル背景とポケモンとの記念写真は撮れません。

とはいえ、ポケモンGOプレイヤーの大半はARを切って遊んでると思うので、ここに関してはさほど影響は無いと思います。ジャイロ無しでも通常のプレイ感覚はまったく同じです。

山田とイーブイ
前機種で撮ったこういう写真が撮れなくなったのはちょっとサビシイですが、そこはスッパリ割り切りました。

×マルチタスクはほぼ諦めたほうが良い

ポケモンGOをしながら他のアプリを使う、その両立が難しい点。

P9 lite最大の弱点がココだと思います。

具体的に例を挙げてみると、

ポケモンGOプレイ中

レアモンスターが出たのでスクリーンショットを撮った

ギャラリーアプリを起動して

共有からその写真をLINEで友人に送った

再びポケモンGOに戻ったら、終了されてて起動し直し

ポケモンGO含めて2つのアプリならギリギリ対応できたりしますが、3つ以上となるとかなりキビシイです。

ネットの攻略情報を見ながらポケモンGOとブラウザを頻繁に行き来する場合も、まとめサイトのようにメモリを大きく食うページなら、ポケモンGOが落とされる場合もあります。

メモリが少なく(2GB)、タスクキル(裏のアプリを終了させる)機能が働き過ぎるがゆえのP9 liteの弱点。

P9liteでポケGO中にLINEの受け取り
ただ、プレイ中に誰かからLINEが来て、ポップアップから即返答する場合は問題なく両立プレイ出来ているのは救いかも。

まとめ

マルチタスクの点では前機種(Nexus4)は優秀だったので、P9 liteのアプリをバンバン終了させる性分に最初は戸惑いました。

が、起動が遅く、ゲーム中フリーズ多発で再起動を余儀なくされることも多かった前機種のことを思えば、トータルでみれば快適度は確実にアップ。

そういえばフリーズもP9 liteになってからほとんど経験していません。

もう少し予算が出せるならばメモリの多いhonor8やZenFone3を買ったほうが幸せになれるんでしょうけども、P9 liteにたどり着く人は私も含めて予算が命。

マルチタスクの弱ささえ飲み込めるならば、P9 liteはポケモンGOが遊べる2万円台のスマホとして申し分のない仕上がりだと感じています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>