女性の声でウイルス感染を警告してくる詐欺サイトにご用心

調べ物をしていてリンクを踏んだらヘンなページに飛ばされた(またか!)ので、皆さんも同じ目に遭わないようにご紹介。

まずは挨拶代わりにこんなダイアログがペロンと表示。
アラート
日本語がビミョーにおかしいので、「あ、ダメなヤツに引っかかったな…」とすぐにわかりましたが、とりあえずOKボタン。

ページデザインはこんな雰囲気。
ウイルス除去 詐欺サイト
PCサポート マイクロソフトのソフトウェアの専門家
ウイルス除去 マルウェアサポート

という一見マイクロソフトのサイトかな?と思わせるスッキリした印象。

が、ページを眺めてる間もなく
すぐに鳴り響く謎の女性の声にビックリ!

あなたのコンピュータでウイルスが検出されました。
ただちに提供された番号に電話していただくと、あなたのコンピュータ上のアドウェア・スパイウェア・ウイルス除去のためにガイド……

といった女性アナウンス(日本語)に静寂を破られました。

ふだんネットサーフィンしてるときでさえ、勝手に音声が鳴る動画広告でビクッ!となるのに、こんな焦らされるシチュエーションで声で「ウイルスだよ!」と畳みかけられたらたまったもんじゃありません。

Yahoo!知恵袋でもいくつもの報告がありました。

これも最近わりと有名な詐欺サイトで、ページを開いただけではウイルス感染せず。不安を煽って電話に誘導して高額なウイルスソフトを買わせることが目的みたいです。

フリーダイヤルって書いてあるのに03ナンバーな時点で明らかにオカシイし、オペレーター(写真の人)が外国人の時点で電話をためらう日本人はたくさんいるんじゃないかなぁ。詰めの甘い詐欺だ。

 
ウィンドウを閉じようとしたら
アラート
ご丁寧にサヨナラの挨拶も用意してありました(中身は最初と一緒。どうせならきちんと作り込もうぜ)。

 
これとは別に、最近PCやスマホのバナー広告でも「あなたのPCにウイルスが!(点滅)」的な警告が出てくることがあります。

初めて見ると不安になると思いますが、バナーやこういうサイトで教えてくれるウイルスはほぼ全部ウソ。

PCにウイルスソフトが入ってたら、ノートンさんなりカスペルスキーさんなりがしっかり知らせてくれるので、おかしなサイトに惑わされないように気をつけましょう。

その前におかしなリンクを踏まないように気をつけなきゃーですね!(ヘ、ヘンなサイトに行ってたんじゃないですよ!ホントに!)

↓おかしなリンクを踏んだ愚か者の第一弾

ニセモノChromeの詐欺「本日のラッキーな訪問者はあなたです」に騙されるな
ネットで調べ物をしていてリンクを踏んだらこんな画面が!「本日のラッキーな訪問者はあなたです」なんていきなり言われると舞い上が...
自分用にAmazonギフト券を買っても、500円クーポンがもらえるキャンペーン再び
Amazonが何ヶ月かおきにやってるボーナスキャンペーン、Amazonギフト券を3000円以上買ったら500円分のクーポンが貰えるキャン...
スポンサーリンク

コメント

  1. くり金時 より:

    まぁ、大手の最新版「セキュリティーソフト」を、インストールしていれば、普通に使うぶんには、大丈夫だと思うけど…。とは言え、人の盲点を突いてくるのが、こーゆー詐欺なんだよなぁ。形は違うけど、似たようなモノは、結構出回っているようです。逃げて正解。ついでに、あわてないことやねぇ。(ネットサーフィンすると、何回か、出てくるんだよなぁ。その都度セキュリティーソフトでチェックするけどさ。)

    • ひらら より:

      ▼くり金時さん
      そう、慌てないことが何より大事ですよね。
      でも突然イレギュラーな状況に遭遇したらなかなか冷静でいられないのも人間なので、
      こういう体験をしたらできるだけ伝えてみようと思ってます。

  2. […]  ニュース記事はこちら! こちらは画像付きで詳しく説明されております。 […]

  3. […] 2015年6月21日 まぁ、大手の最新版「セキュリティーソフト」を、インストールしていれば、普通に使うぶんには、大丈夫だと思うけど…。 無料のボーカルサンプル配ってます。 [引用元] 女性の声でウイルス感染を警告してくる詐欺サイトにご用心 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>