Amazonプライムビデオの恥ずかしい履歴を消す方法2/PCブラウザ&Fire TV Stick編

Amazonプライム会員なら映画・テレビ番組が見放題のプライムビデオ

サービス開始当初はラインナップもまだ寂しい顔ぶれでしたが、ドラえもんやクレヨンしんちゃん等、家族向けのタイトルもかなり増えて、テレビにFire TV Stickを挿して楽しんでいるご家庭も多いと思います。

が、うっかりセクシーなサムネイルをクリックしちゃったお父さん。それがスマホであれPCであれ、同じAmazonアカウントなら Fire TV Stickの「次に観る」にも表示されるようになってしまいました。

当初は非連動だったのにAmazonめ、なんて余計なマネを!

ヤバイ番組の家族バレを防ぐべく即刻「次に観る」の履歴から抹殺せねばッ!

Androidスマホ・タブレット編を書いてから半年ほど経ってしまいましたが、今回はPCブラウザ&Fire TV Stickでのやり方をまとめてメモしておきます。

Amazonプライムビデオの恥ずかしい履歴を消す方法1/Androidスマホ・タブレット編
Amazonプライムビデオを家族みんなで楽しもうと、1台のタブレットをリビングに置きっ放しにしたい。そんなケース、あると思います...

PCブラウザ編

まず、パソコンのブラウザでAmazonビデオのページを開きます。
prime-del-his-pc01
中ほどのメニューリンクから「すべてのビデオ」をクリック。
 
すると「次に観る」が含まれたページが表示されます。
prime-del-his-pc02
ここに何やら怪しい「絶対領域」なる作品が紛れ込んでいます。

実はこの「絶対領域」自体はタイトルやR15指定とは裏腹に、男性諸氏が求めるエロスな要素はほとんど無かったりするガッカリ作品なのですが、家族にあまり知られたくないサムネイルであることは明らか。

では、「絶対領域」を履歴から抹殺しましょう。
 
prime-del-his-pc03
消したいタイトル(ここでは「絶対領域」)のサムネイルにマウスカーソルを合わせます

すぐ右側に作品紹介やボタンのあるウィンドウが開きます

画像の赤い矢印のようにマウスカーソルを右~下へそっと移動させて「履歴から削除」をクリック。

※タイトルすぐ隣のウィンドウは閉じやすいですが、マウスを慎重に動かすようにすれば大丈夫です。
 
prime-del-his-pc04
これで見事、履歴から削除できました。

ブラウザを更新すれば消えたことが確認できます。

ただし、表面上は消えてもその番組を視聴したこと自体はAmazonがしっかり覚えているので、その作品を途中まで観ていた場合、「今すぐ観る」ボタンが「続きを観る」ボタンとして表示されます。

それが気になる場合は、作品を最後まで観れば(再生スライドバーを右端までぐっとドラッグして)「今すぐ観る」になります。

さて、PCから消しただけで油断するべからず。

Fire TV Stick編

PCから履歴を消しても、FireTV Stick上ではまだ残っていることもあるので、念のためテレビをつけて確認しておきましょう。
prime-del-his-firetv01
Fire TV Stick初期画面。

「絶対領域」がまんまと残ってますね。
 
 
prime-del-his-firetv02
リモコンで右下下…とたどって「次に観る」で決定ボタンを押します。
 

prime-del-his-firetv03
「次に観る」の中で消したいタイトルまでカーソルを移動させます。

リモコンの下右右で「リストから削除」で決定ボタンを押せばOK。

これで「次に観る」の中から絶対領域は消えました。

もし「最近見た作品」の中にも紛れ込んでいた場合、同じ手順で消すことができます。

 
ただし、表面上は消えてもAmazonはその作品を見たことをずっと記憶しているので、オススメ欄に類似タイトルを並べられる等の仕打ちを受けてしまうことは覚悟しておいてください。

他の作品をたくさん見まくればオススメ情報も上書きされとは思いますが、家族で共用しているアカウントならば怪しいサムネイルには近付かないのがベターですね。

しかしそれでも押してしまうのが男の悲しい性よ。

「エヴァンゲリオン」全26話がプライムビデオに襲来!すごいぜAmazon!
Amazonプライム会員なら映画・アニメ作品等が無料で見放題のAmazonプライムビデオ。そこに「新世紀エヴァンゲリオン」全26...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 + = 13

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>