ポケモンゲットの瞬間にフリーズする現象は機種のせい? SIMのせい?/ポケモンGO

ポケモンGO フリーズ昼
「ポケモンGO」でこの画面を見るのが心臓に悪いです。

モンスターにボールをぶつけてカプセル化したら、そのまま固まって動作を受け付けなくなる現象が私のスマホで多発しまくり。

こうなったらもう何も操作を受け付けないので、
ポケモンGOをスワイプして強制終了
スマホのメニューボタン押して、最近使ったアプリ一覧から「ポケモンGO」をスワイプ追い出して強制終了するしかありません。

これ、再起動させて図鑑を見たら捕獲成功してる時と失敗してる時が半々くらいなのですが、初めて出会ったモンスター(しかもレアっぽい)で失敗してた時ほど悔しいことは無いのですよ。

使用環境(スマホとSIM)

使ってるスマホ機種は Nexus 4(Android OS 5.1.1)。

Androidは非対応機種がけっこうある中、この2012年製のスマホでポケモンGOが遊べてること自体がわりと幸運だったりするのですが、やはり年式の古さがこういう症状を生み出してしまうのか? と勘ぐってみたり。

さらに、使用してるデータ通信は格安SIMの「0 SIM」。

0 SIMは数ヶ月前に比べて通信速度が遅いなと感じることが増えてきたので、ポケモンゲット時の通信トラフィックに耐えられなくてエラー的事象が発生してしまうのか? と勘ぐってみたり。スマホはLTEじゃなくて3Gだし。

フリーズとはいえ、背景をよく見たらアニメはずっと動いてるから完全に固まってるわけでは無いんですよね。プログラム的にハマる現象をうまく回避出来ていないだけなのかもしれません。サーバ混雑のせいだとも思いたい。

一方で、iPhone6で遊んでる相方に聞くとカプセルフリーズはあまり経験が無いとのこと。

うーむ、やっぱり環境なのか??

オカルト的な対症療法的な

とにかく、この現象に遭遇してしまうと、もう手も足も出ません。

が、確証はまったく持てませんが対症療法を1つ。
ポケモンGO フリーズ夜
画像は夜背景ですが「昼もフリーズ、夜も元気にフリーズしてるぜ」ってことを言いたいわけではなく、左上の白いマークに着目。

おそらく通信してる時に出るマークだと思います。

固まってからもしばらく眺めていると1分くらい経ってから、そのマークがくるくる回り出すこともあります。

都合良く解釈すれば、ゲットできたポケモン情報をサーバに送っているのかもしれません。

フリーズしたからとすぐに再起動せず、じっと待ってくるくるマークが出てきて消えるまでを確認してから再起動すると、捕獲したポケモン一覧に載っていることが多いような気がしました。

あくまでもオカルト的ではありますが、アップデート等で改善されるまでは試してみる価値はあるかもしれません。

これで多少救われたとしても、アプリ(再)起動の時間が長いのが多発時にはツライので、一刻も早く改善していただきたいところです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 京太郎 より:

    あーーー、あの白いくるくるは そんなアイコンだったのね。
    何もわからないままやっている。しかも家の中だけで(笑)
       やりはじめてから 数日してから
       「博士に送る」というコマンドを発見しました(笑)

    ウチのiPhoneでは 開くとフリーズです(T-T)
    ぃゃ、開くまでもいかない。ログインできませんってな。
    んで、一度強制終了するとつながる確率が大きいです。
    それでも アクセスできないときは サーバーのせいみたいです。

    んで、ぐーぐるアカウントの方がつながるらしいです。

    • ひらら より:

      ▼京太郎さん
      白いくるくるはあくまでも推測ですが
      サーバでデータ管理してるっぽいので、そうなんだと思います。

      古い機種だと最新のアプリはやはり荷が重い。
      お互い苦労させられますね(笑)

      7月末のアップデート以来、フリーズに遭遇しなくなったので、
      この問題は解決したっぽいかも。
      ただ、アプリ自体がストンと落ちることはちょいちょいあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 × 五 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>