白黒Kindleにマンガモデル!? Amazonにしては珍しく気が利く新端末が新登場

Kindleマンガモデル
Kindleの新機種発表に思わず目がクギ付けになりました。

「マンガモデル」の文字に!

※KindleはAmazonの電子書籍端末。おまけでネット閲覧も出来るとはいえ、ほぼ本を読むことしか出来ない白黒画面の端末です。

私が持ってるKindle端末は一番安い通常版(俗称:素Kindle)。

小説とかテキストメインの本を読むために買ったのですが、Kindleの激安セールに出くわすたびに増えていくマンガ蔵書。

吹き出し文字が大きいものなら、素Kindleでもなんとか読めるので、強引に読んでたりもしますが、マンガに最適化されたKindleもあったら良いのになぁ、とずっと思ってたんですよ。FireタブレットじゃなくてKindleで。

VoyageやOasisだなんて、よく分からない高級モデルを出してきたAmazonのことだから、マンガ専用だなんて気の利いたことはしないだろうなぁ。と思っていただけに今回の発表は驚かされました。

基本仕様はペーパーホワイトと同じ

マンガモデルの最大の特徴は記憶容量が32GBになったこと。

※ちなみに既存のKindleは総じて4GBと少なめ。

また、下から2つめのペーパーホワイト(PaperWhite)という機種がベースなので、解像度も高め(300ppi)。小さい文字でも潰れることなく読める可能性が高まります。

※素Kindleの解像度はその半分の167ppiなので、吹き出しの文字が少しでも小さければ容赦なく潰れます。

値段もペーパーホワイトの+2,000円という良心的な範囲なのも好印象。

端末の巨大化に期待

ただ、基本的にペーパーホワイトと同じ端末なので、大きさも同じ6インチサイズ。

小さいです。

素Kindleで読めないマンガは、やむなくAndroidタブレットで読んでいます。タブレットは7インチと10インチの2つ持っていますが、マンガは10インチのほうがやっぱり読みやすい。

なので、この勢いで是非とも一回り大きなサイズのマンガモデルを希望。

いっそのこと持ち歩き需要を捨て、家専用でも良いので、見開きのままサクサク読めればさらに良し。

大きい画面が欲しい理由には、寄る年波には勝てない…ってな部分も。電車の中でiPhoneで拡大せずにマンガ読んでる高校生にシット!


ツイッターフォロー&RTでマンガモデルが当たるキャンペーンやってるので、とりあえず乗っかってみよう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 − = 零

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>