コタキ兄弟にケイジとケンジ、オッサンW主演が気になる冬ドラマ2020

2020年1月スタートのドラマ。

ザッと見渡して、ゆる~く気になるドラマも結構あるのですが、ひとまず4本に絞りました。

1月は大河ドラマスタートの月。

明智光秀を描く「麒麟がくる」がはじまります。

前作の「いだてん」は視聴率が振るわなかったものの、内容は本当に良かった。朝ドラの「スカーレット」も上々。「麒麟」にも期待したいですね。

コタキ兄弟と四苦八苦

1月10日(金)~
金曜 0:12~テレビ東京系

逃げ恥を手がけた野木亜紀子脚本オリジナルドラマ。古舘寛治、滝藤賢一という、今をときめくオジサンのW主演コメディ。気になるポイントはもちろん脚本家と主演コンビ。

◆公式サイト:コタキ兄弟と四苦八苦

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

1月16日(木)~
木曜 21:00~テレビ朝日系

まんぷく・龍馬伝を手がけた福田靖脚本ドラマ。熱血刑事(桐谷健太)と、東大卒のエリート検事(東出昌大)の凸凹コンビによる刑事ドラマ。気になるポイントはもちろん脚本家と主演コンビ。

◆公式サイト:ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

麒麟がくる(大河ドラマ)

1月19日(日)~
日曜 20:00~NHK総合

明智光秀の一生を描く大河ドラマ。長谷川博己主演。放送前に例の沢尻騒動があったものの、放送スタートを2週間遅れにとどめたNHKの頑張りに乾杯。いだてんの呪いはそろそろ解けますように…。

◆公式サイト:麒麟がくる

伝説のお母さん

2月1日(土)~
土曜 23:30~NHK総合

わりと攻めてるNHK土曜よるドラ枠の新作。RPGの世界観で魔王討伐と育児を両立させたい魔法使いであり母親(前田敦子)が主役。テーマが明らかに違うので、ヨシヒコまでとは行かずとも、独特な世界観で笑わせてくれることを期待。

◆公式サイト:伝説のお母さん

その他、アニメ原作ドラマなど

アニメ原作ドラマが多いのは今に始まったことでは無いですが、ゆるキャン△(1月9日~)、女子高生の無駄づかい(1月24日~)と、つい最近放送された深夜アニメが題材になるのはなかなか新鮮。

アニメ女子高生の~は、友人に「面白かったよ~」と薦められたものの未見なのですが、Amazonプライムビデオで見放題が終了するTV番組入りしていたので、早めにチェックしておかねば…。(アニメ「ゆるキャン△」も同じく見放題終了間近)

女子高生の無駄づかい(Amazonプライムビデオ)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)