高速化されたA列車で行こう3D、アップデート前後で速度をいろいろ測定

A列車で行こう3D ver2.0.0
本日12月1日、3DS「A列車で行こう3D」の大型アップデートが無料配信!

先日下旬から仕事の〆切に追われまくっているので、ガッツリ遊べないのがもどかしいのですが、とりあえずアップデートだけは適用しておきました。

アップデートしたら「NEO」に生まれ変わるわけでなく、タイトル画面の下に「Version 2.0.0」と表記されるだけなんですね。8ビットPCのBASICのようなフォントが泣かせます。

※ホーム画面のアイコン等も従来のまま

すぐにガッツリ遊べないものの、どれだけ高速化されたかだけは体感しておきたい!

超絶時間泥棒なA列車は、シナリオをマジメに進め始めたが最後。原稿を落とすこと必至。

なので、LR回転やセーブ時間などなど、気になっていた部分の速度だけをザッと測って自分を納得させることにしてみました。

と、その前にアップデート手順を軽くおさらい。

強引にアップデート

ある程度、時間がたてば、ホーム画面のA列車アイコンから直でダウンロードできるようになるんだと思います。

が、配信初日だったためか、まだ何も反応がなかったのでニンテンドーeショップから強制的にアップデート。

eショップに行ってもそれらしいメニューが無かったので、
eショップの上の検索欄からA列車
下画面の上部、検索窓に「a列車」と入れて検索すれば「更新データ Ver.2.0.0」が出てくるので、あとはそれをダウンロードしていけばOK。もちろん無料。

ブロック数658ブロック
容量は658ブロックと、大きすぎず小さすぎずといったところ。

速度いろいろ比較

速度測定に使った本体は次の2機種。
A列車で行こう3D、2台で比較
Newニンテンドー3DS+DL版A列車(アプデVer2.0.0適用済み

Newニンテンドー3DS LL+カード版A列車(アプデ非適用

DL版に乗り換えたのにカード版が手放せずにいることが、ここで役に立つとは。

本体は両方Newなので、完全にイーブンな条件ではないですが、アップデート適用前のA列車はノーマル3DSとほぼ同一条件とみて良いと思います。

※ステージは、すべてシナリオ4(湖水)をスタートさせてすぐマスコン停止状態のまま比較しました。

※各タイムは手動でストップウォッチを押して計測したものなので、多少の誤差はご容赦ください。

では、速度いろいろ測定、左が旧版(黒文字)、右がVer.2.0.0(赤文字)です。

LRボタンで画面回転

4.68秒 → 1.67秒

3Dモード切替え

2D→3D
8.20秒 → 2.14秒

3D→2D
5.99秒 → 3.17秒

セーブ

圧縮
8.12秒 → 2.54秒

保存
2.63秒 → 1.16秒

ロード

6.31秒 → 3.30秒

マップ端から端までスクロール

11.07秒 → 8.24秒

※右上端から左上端までマップ移動させたときの速度

平均2~3倍の速度向上

LR回転はウニョーンと回転していく”つなぎ”のアニメは相変わらずで、さすがにパッ、パッ、と切り替えられるほどにはなりませんでしたが、これなら使ってみようかと思えるレベルにはなりました。

数字を見てわかるように、全体的にも確実に速くなっています。

今回は測定しませんでしたが、各メニューボタンを押してから詳細表示が出るまでも、同じくらい速くなっていました。

※一度味わえば旧版を触ったときに明らかに「遅っ!」と感じるレベル

チリも積もれば山となるで、1シナリオプレイにかかる時間はかなり削減できそうです。(マスコンを「早送り」にしたらわずか数秒で3日も差がついたり!)

コンストラクションモードは、アプデ非適用側が未解放だったので比べられませんでしたが、Ver.2.0.0では自動マップ生成にかかる時間が約3秒。たぶん速くなってるはず。

時間が経って慣れてくれば速くなった感動も忘れてしまうので、こうして数字に残しておいて、時々思い出してみることにしましょう。

New3DSの追加ボタンの割り当て

最後におまけ。
New3DSのZRボタン等にも機能が配置されたので、それらも試しておきました。

ZRボタン
上画面レポートの切り替え

ZLボタン
マップモードを路線図→産業別→通常へと順に切り替え

Cスティック
自社保有物件・鉄道・自動車・駅・停留所へフォーカス

ザッと探したところキーコンフィグは見当たらなかったので、これらで固定のようです(もし発見されたらご指摘ください)。

Cスティックの自社保有物切り替えは、種別問わず全てなのと、Cスティック自体がチョンチョンと押すのに向いてないため第一印象としては使いづらかったです。

ZRボタンのレポート切り替えは使いこなせたら便利なんじゃないかと感じました。

三つ星級の無償アップデート

先月の「とびだせ どうぶつの森」といい、今日の「A列車で行こう3D」といい、数年前に発売されたソフトに対する大型アップデートが立て続けに行われました。

しかも無償!

内容的にいずれも追加DLCとしてお金を取ってもいいレベルの更新内容なので、もう三つ星級、いやそれ以上の対応ですよ。

奇しくも両方ともプレイに時間がかかるゲームなので、この2本があればしばらく新作ゲームを買う必要が無いんじゃないかってくらいに楽しめそうです。

現に、どうぶつの森は自分が思っていた以上に再燃中。休眠していたゲームがアップデートで火を付けられるパターンも全然ありですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. A列車ってDS版もあるのですね〜
    DS持ってなかったので知りませんでした。
    (by A列車と言ったら九州が頭に浮かぶ人)

    • ひらら より:

      ▼響け!おけいはんさん
      DS版、3DS版とシリーズが続きました。
      携帯機とタッチペンの相性も良く、
      わりと手軽に遊べるのもオススメです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>