Nゲージ鉄道

スハネフ15等のトイレ窓を塗装せずお手軽に白くする(TOMIXあかつきセット)

TOMIXのNゲージで気になるのがトイレ窓・洗面所窓の処理。

実車の写真を調べてみると白いことが多いですが、製品では透明のまま(左)。

TOMIXのあかつきセット(品番98753)では、スハネフ15・オハネ15・オハネ14-300の3車種(合計5両)が該当しますが、これらの小窓を白くしていきます。

塗装など取り返しのつかない方法はあまり好みではないので、失敗してもやり直しのきく方法でやってみます。

※とはいえ、車両分解時にガラスパーツ等を破損・紛失する可能性もなきにしもあらずなので、もし作業される場合は細心の注意を払い、何が起こっても自己責任でお願いします

スポンサーリンク

いらないシール用紙の切れ端を使う

使うものはいらない白いシール

私は百均で買った宛名ラベルシールの余白部分を使いましたが、(のり面が)白いシールならだいたいOK。

鉄コレ付属シールの余った部分なんかでもいけるかもしれません。

これを小さく切って、窓パーツのウラから貼るだけ。というカンタンな作業です。

スハネフ15・オハネ15の場合

スハネフ15・オハネ15はほとんど共通なのでまとめて。

JR14系15形 寝台特急あかつき TOMIX 98753
スハネフ15
JR14系15形 寝台特急あかつき TOMIX 98753
オハネ15

シールを貼るのは、いずれも寝台側の窓のみ。

小窓のウラ側を見ると、良い感じに凹んでくれてます。

この凹みに合わせて、約12.5mm × 約2mm に切ったシールをウラから貼り付けます。

オモテから見るとご覧の通り。

シールの貼り付けムラが気になる場合、つまようじ等でこすってならしてやります。

もしホコリやゴミが入り込んだ場合は、はがして新しいシールを使いましょう。

車体を合わせて完成です。

小窓が白くなると良いアクセントになって締まりますね。

方向幕もなんとかしなきゃですが、あかつき末期の方向幕は黒色ベースなので、このままでも遠目にはある程度ごまかせます。

もし方向幕が白色の車種(時代)なら、方向幕のウラからも白いシールを貼ります。

オハネ14-300の場合

続いてオハネ14-300にも施工。

JR14系15形 寝台特急あかつき TOMIX 98753
オハネ14-300

こちらも対象の窓は寝台側のみです。

先ほどのスハネフ等と同じ工程でいけるかと思いきや…

Oh, 左右の小窓が独立している!

先ほどより短い寸法(約5mm × 約2mm)のシールを2つ用意して、それぞれウラから貼りました。

オモテから見るとご覧の通り。

オハネ14-300も白くなりました。

方向幕シール、TOMIXも付属してくれたら良いのにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました