ようやく発表!鉄コレ第29弾は平成世代中心の東西私鉄増結編成!

なかなかアナウンスが無かった鉄道コレクション第29弾。

もしや鉄コレもそろそろ終焉へ…!? と少し心配になっていましたが、ようやく発表されてホッとしました。

長い沈黙を破って発表された第29弾のラインナップは次の通り。

  • 東武鉄道 10000系
  • 西武鉄道 30000系
  • 名古屋鉄道 6000系(5次車)
  • 南海電気鉄道 1000系
  • 西日本鉄道 7000系

ザッと見た感想は「あ…新しい!」。
鉄コレ第29弾の車両たち
3車種が平成世代という最新車っぷり。

西武30000系スマイルトレインなんて、ついこないだオギャーですよ。(それでもデビューからもう10年経ってるんですね…早いなぁ)

と、ここまで書いて気付きましたが、前シリーズの第28弾もほとんど平成世代でしたね。むしろHB-E210系のほうがうんと若いですね。

気動車だとあまり気にならないのか、それとも長編成が多い私鉄車の2両編成というところに何か感じるものがあるのか。

そう、2両編成。

この顔ぶれで2両は増結感が強いラインナップだなと感じました。

南海1000系にしろ西武30000系にしろ、あまり2両単独で走ってるイメージが無いので。(もし支線でバリバリ活躍中ならゴメンナサイ)

第29弾だけで完結しない車両が多く、複数買っても中間車が無いので、今後4両、6両、8両等のオープンパッケージが販売されることを前提としたラインナップだなという印象を強く受けました。

※西鉄・名鉄あたりは2連単独で行けるかな。

そんな鉄コレ第29弾は2019年11月発売予定で1ヶ1,200円+税。

お値段据え置きですが増税分がチクリと刺さりそうです。

東西バランス良く揃っているものの、個人的にはズキュンと刺さる車種が不在なので、今回は一回休み。

ちょっと気は早いですが第30弾に思いを馳せつつ、サイフをホカホカ暖めさせてもらいましょう。

鉄コレ第28弾をゲット!JR四国のローカル気動車編(1000形・1200形)
2019年3月末に発売された鉄道コレクション第28弾、1BOX到着しました。箱のメインデザインには姫新線のキハ127系。西日本在...
鉄コレ第28弾をゲット!JR西日本編、ついに223顔も鉄コレ参戦(キハ126系・キハ127系)
鉄道コレクション第28弾、JR四国編に続いて、今回はJR西日本編。パッケージデザインにもなっている姫新線キハ127系と山陰地区の...
鉄コレ第28弾をゲット!JR東日本はハイブリッド花盛り!(キヤE991,キハE200,HB-E210)
鉄道コレクション第28弾。最後はJR東日本の3車種をご紹介。西日本や四国の車両に比べて知識が足りないのでサラッといきます。 ...
スポンサーリンク

コメント

  1. TC:22615 より:

    南海1000系は欲しいですね。ちなみにこの増結仕様は主に8000系4連との
    組み合わせで優等列車や普通で、増結仕様同士の4連で普通運用に就いています。
    8300系4連との組成も見ますが少ないですね。

    • ひらら より:

      ▼TC:22615さん
      南海1000系、増結同士の4連でも活躍しているんですね。
      それなら車番を書き換えるか、車番に目をつむれば…ってところでしょうか。

  2. ハラちゃん より:

    ようやく発表されましたね!まさかの南海1000系がラインナップされましたね!でも増結車は他の組み合わせ車両が出るまでN化まで見送りするしか無いですね。近鉄なら増結車があっても他の車両と組み合わせ可能なので近鉄ラインナップ入れて欲しかったです。スマイルトレインなら増結車があっても
    ぐでん玉編成があるので増結相手としてはぴったりですね。今回もボックス購入をします。

    • ひらら より:

      ▼ハラちゃんさん
      そうですね、増結前提で考えるなら、
      動力化は基本編成の発売を待ったほうが良いですね。
      ぐでたまスマイルはそれだけで完結してると何となく思っていましたが、
      8両編成なので、+2両もありなんですね!

  3. ミーコ助役 より:

    今年の南海限定が読めなくなりましたね。てっきり1000だと思っていましたが。
    個人的に8300あたりで頼みたいですね…スルーできるので
    阪堺まつりで北急社員に聞きましたが、8000形が今年確定みたいなので…

    • ひらら より:

      ▼ミーコ助役さん
      >阪堺まつりで北急社員に聞きましたが、8000形が今年確定みたいなので…

      おお、この情報は本当ですかっ!

  4. まちゃ より:

    それにしても、チェックが早いですね!!スマホにNGI情報がアップされていたので、鉄コレ29弾情報がわかりましたが、ひららさんはもうアップしていたんですね!!
    東武10000系は、登場した頃、2両編成が亀戸線や大師線で運用されていたことがあったと記憶しています。製品案内に東上線在籍時と書いてあるので種別行き先の印刷は…、準急川越市のようですね!!2両で完結するなら、財布にやさしいですが…、10両編成にしないと実車の再現にはなりませんね。
    そう言えば、前々弾の近鉄や相鉄などその後の動き(増結用車輌)がありませんが…。
    ファーストカーミュージアム的なコレクションになっているような…。でも、それはそれでまあ良いか!!

    • ひらら より:

      ▼まちゃさん
      いえいえ、最近チェックが遅かったのをちょっぴり反省して
      第29弾は情報を見つけたら早くアップしたいと思ってました(笑)

      東武10000系は長い編成のイメージが強いですが、
      2両編成のみの運用があったんですね。

  5. サマンサ より:

    名鉄6000系は欲しいですね。地下鉄乗入れ前の小牧線を再現したい

  6. あまとき より:

    まぁ、ウリ文句の「繋げて楽しい」って言葉通り、既存の自社・他社製品と混結して、もしくはコレを複数買って遊んでちょーだい、ってことなんでしょうね
    特に東武10000系は現状鉄コレのラインナップ内に繋げられそうな相手がいないので、併結相手は完全に某緑のメーカー頼りな感じがします

    >南海1000系にしろ西武30000系にしろ、あまり2両単独で走ってるイメージが無いので。

    30000系もおそらく(少なくとも現状は)10000系同様他社から出てる8両編成池袋線仕様車とくっつけてくれってことでしょう

    南海1000系は珍しい南海通勤車の久々の完成品模型化とあって喜ばしくもありますが、同時に2両単独での運用がないうえ、基本相方の8000・8300系はおろか1000系自身も先述の通りこれが初の完成品模型化とあって併結相手がいないため事実上2×2の4連かごく稀に見られる2×3の6連しか組めないので困りものでもありますね
    (この点西鉄7000形は2両単独運用があるのでまだ扱いやすいのが良心的)

    管理人様の仰る通り今後のオープンパッケージ化を匂わせる内容なのでそれを待つのが吉でしょうが、どうしても………という人はガレージキットを組むなりプラ板や3Dプリンタでスクラッチするなりして相方の形式や中間車を作るしかなさそうですね
    (中には大量に複数買いして切り継ぎして中間車を錬成する猛者も出てきそう………)

    • ひらら より:

      ▼あまときさん
      そうですね、現状トミーテック側(TOMIX)に無い併結相手と
      すぐに楽しむには他社に頼ることになりそうですね。

      そう遠くないうちに鉄コレからもオープン、または事業者限定で
      ふさわしい相手が予定されている可能性はあると思いますが、
      第29弾発売の前にアナウンスがあれば安心感はありますね。
      (んー、それだと第29弾を買い控えられる可能性もあるのかな…)

  7. 南海好き より:

    これは箱買い必至ですね。まさか南海1000系が出て来るとは思いませんでした。
    今年は8000系か8300系あたりが出てきそうですね。

    • ひらら より:

      ▼南海好きさん
      南海1000系が通常弾に入ってくるのは意外でしたね。
      今年の事業者限定が連結相手の可能性は十分ありそうです。

  8. フグタマスオ より:

    西鉄の7000形(ブラインド)と西鉄6000形(オープン)の混結に挑戦します!

  9. ひらら より:

    ▼フグタマスオさん
    西鉄はあまり詳しくないですが
    軽く調べてみると7000形と6000形は併結可能なんですね。

    • フグタマスオ より:

      そこで西鉄が普段から鉄道業界で当たり前にやらない他形式同士の併結を模型でやって見ようと考えてます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>