どうしても外れない鉄コレの窓の外し方~阪神5001形のケース

妻面側は外れるのに、先頭側はビクともしない…
鉄コレの窓ってどうしてあんなに外れにくいんでしょう。

前回は、比較的穏便に外れた阪急5100系のケースを紹介しましたが、今回はどうしたって外れなかった阪神5001形のケースをご紹介。

側面窓を外そうとすると、妻面側はわりと素直に外れるのに、先頭側(運転台側)はけっこう頑張っても外れないんですよ(上写真)。

前面窓と側面窓の交点が強固すぎる

前面窓と側面窓の交点が強固にかみあってる
原因はコレ。

側面窓と前面窓が重なっている部分が、すごく強力に、すごく絶妙にかみ合っていて、ちょっとやそっとの力だと外れないようになっています。

これを強引に力でねじ伏せようとした結果…
しかし、窓の取り外しで破損するケースもまま見られ…
バキッ!!

…ハハハ。

やられたらやり返せ!

壊れる前に斬ってやれ!
斬る!
ここを斬る!ニッパーで!

※詳しくは後ほど

外れた!
スルッと外れた!

面白いようにスルッと外れたぜ!

斬る場所の解説~カドをちょびっと切る

スミマセン。

ついカッとなって記事が乱暴になってしまいました。

でも勢いに任せたわけではなく、一応考えがあったんですよ。
側面窓の端っこのカドをほんの少し斬るだけ
側面窓の下のカド。

ここをほんの少し切りました。

切るというよりも、先っぽを削るくらいの感覚でOKでした。

カドを切った(先頭車側)
切ったあとの様子をもう一枚。

さっきは中間改造車の側窓でしたが、こちらは先頭車の側窓。

切る様子をもっとわかりやすく伝えられたら良いんですが、
斬る!
手持ちのカメラではこれが限界。

ココにニッパーを入れるのもなかなか大変ですが、くれぐれも大きい範囲で一気に切ろうとしないでください。

一気にザックリやろうとすると、思わぬ箇所にヒビが入ったり破損の恐れがあります。

ニッパーの先を側窓のカド付近にうまく入れることができたら、「切れたかな?」「切れるかな?」くらい、先っぽで削る程度の感覚ですこーしずつ作業を進めます。

ちょっと削っては側窓を動かす。を繰り返すくらい慎重に。

外れた!
この「外れた!!」の文字の「!!」の下の透明パーツのカケラが削れた残骸。

これくらい微量を削っただけで、十分側面窓は外れます。

プランB:前面窓のポッチを削る策もあり

もう1つの方法もあります。
前面窓のでっぱり切除
側面窓ではなく、前面窓側を切ります。

側窓と前窓の交点にあたるポッチリ(出っ張り)部分を切ると、ロック解除されたがごとく側窓が外れます。

こちらも一気に切ろうとせずに、少しずつ刃を入れてください。一気にザックリ切ると思わぬ箇所にヒビが入ることがあるので要注意です。

※写真は中間改造車の前窓。運転台側の場合、ライトパーツが一体化なのでさらに注意が必要になります。

側窓を取り付ける際は両面テープで

両面テープで固定
再び車体に側面窓を取り付けるときは、ロック箇所を削ったことで窓がユルユルになってうまく固定できません。

ですので、窓の余白部分に両面テープ等を貼ることで固定してください。

阪神5001形オール窓外し完了!
そんなこんなで阪神5001形の窓、すべて取り外し完了!

鉄コレって窓を外すだけで数時間があっという間に過ぎ去ったりするので、トミーテックさんには是非ともサックリ外れる機構を採用していただきたいと思う次第っ!

5001形だけでなく5311形等、このタイプの阪神電車なら恐らくこの方法で窓を安全に取り外すことができると思います。が、万一この方法を実行して破損した場合、責任は持てませんので実行はくれぐれも自己責任で。

鉄コレの窓の外し方~阪急5100系のケース
鉄コレこと鉄道コレクションを分解するとき、けっこう苦戦させられるのが窓の取り外し。大がかりな改造はしなくても、車番インレタ貼り付...
スポンサーリンク

コメント

  1. 鉄道好きなマリオ より:

    割れてしまったガラスはどうしましたか?また、鉄コレでガラスだけなどのパーツは売っていますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 六 = 11

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>