春の阪急リラックマスタンプラリーに参戦、リングノートもゲット!

春のリラックマ戦利品
リラックマ阪急、春のスタンプラリーに参加してきました。

去年の夏は開催からしばらく経ってから様子をみてみたらすでに参加賞が尽きていた(別のアイテムに変わっていた)こともあって、今回はできるだけ早めに参加しようと決めていました。

開催期間は2016年3月10日(土)~4月17日(日)まで

参加はフリーきっぷ、阪急阪神1dayパスがラクチン

阪急阪神1dayパス 春のリラックマ仕様
夏から一新、リラックマデザインも春のよそおい。

このほんわかデザインのカードを手に入れるのも今回の目的のひとつでした。

ラクチンというよりも、今回の場合は全ルートを巡るとフリーきっぷを買ったほうが安く上がるので必須アイテムですね。

大人1,200円(こども600円)で阪急全線、阪神全線、神戸高速線全線が1日乗り放題!

スタンプは早め早めに押していくべし

春のスタンプラリー10:00~17:00
スタンプ設置場所が夏からけっこう変わっていたので少し戸惑いましたが、それより驚いたのがスタンプが押せる時間は10:00~17:00まで

別の用事で阪急電車に乗った時、とりあえず1つだけでもスタンプを押しとこうと思ったら見当たらなかったので「え、こんなに早くしまっちゃうの!?」とビックリしました(去年は18時までだったので)。

とくに梅田-河原町往復は早くても1時間40分はかかるので、スタンプラリーのついでにちょっくら京都観光を考えるならば、かなり余裕を持った行動が求められそうです。

スタンプ設置場所をザッと

夏から一部変更のあった箇所を含めてスタンプ設置場所をザッとご紹介。
スタンプ台
豊中駅
南改札口を出てすぐ左手

西宮北口駅
東改札口の(改札を出ずに)すぐ左手

河原町駅(京都観光案内所)
中央改札口を出て右方向へ歩いてすぐ。左手のガラス張りの中(7番出口手前)

梅田駅(阪急ツーリストセンター)
ホーム内の階段からは降りず、乗ってきた電車の一番先頭の先にある3階改札口から出る。さらに真っ直ぐ歩いて(目安として宝塚線5~6番ホームの正面の)エスカレーターで1階に降りた正面にあります(動く歩道の左側。頭上の黄色い四谷学院の広告が目印)

ゴールポイント(阪急三番街 北館B2F 特設会場)
阪急ツーリストセンター入り口の左向かい辺りに、下へ降りるエスカレーターがあるので(「阪急三番街」と書いてある)そこからB1F、B2Fまで降りてひたすら奥へ奥へ「南館・北館連絡通路」を通って「催し広場」を目指します。
hkrk_goal201603
ゴールポイントの様子。
3/30までなら隣の催し広場で「おそ松さんのお店」が開かれているのでそれを目印に。しかし、こんなのが開催されてるなんて、おそ松さん人気すごい。

参加賞のリングノートをゲット

スタンプを全て集めてゴールポイントでリングノートをゲット!
リングノート表紙
やっぱり表紙のマルーン色がステキ!
 
リングノート中身
ノートの左下と右下にはおなじみの阪急×リラックマたちが配置。
 
リングノート裏表紙
裏表紙は厚紙で若干シックな出で立ち。

使うのはもったいないので、きっと永久保存版。

夏のこともあるので今回は数多めに用意してそうな気はしますが、それでも春休み本番が来たら怒濤の勢いで無くなるかもしれません。リングノートが欲しい方はできるだけ早めの参加をオススメします。

阪急電車リラックマ号に会えるかどうかは運次第

阪急春のリラックマ号:宝塚線1006F(雲雀丘花屋敷付近)
スタンプラリー期間中(~4/17)にはリラックマ号も運行中!

が、私が回った日は不運にも神戸線・京都線のリラックマ号が車庫入り中で、出会えたのは宝塚線のみでした。(神戸線はしばらく検査入院中だそうです)

ダイヤ(運行時刻)も公開されていないので、リラックマ号に出会えるかどうかは運次第。

でも最近はツイッターで発見報告をつぶやいてる方も多いので、出かける前にツイッターを検索してみると遭遇確率もアップするかも。

春の阪急リラックマ号を追いかけて、わがクジ運の悪さに涙する
阪急電車の春のリラックマ号が2016年3月10日から運行スタート。いろいろバタバタしていて遅くなりましたが、スタンプラリーのつい...
阪急とリラックマのスタンプラリーでレターセットをゲット!宝塚線リラックマ号も激写!
阪急電鉄とリラックマのコラボレーション企画、スタンプラリーに参加してきました。JRの駅で単発のスタンプを押すことは最近でもそこそ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>