電車のfigmaってそんなのあり!? E233系中央快速線のfigmaが12月発売予定

Cゲージの記事の最後にもチラっと書きましたが、改めて。

E233系 中央快速線のfigma(フィグマ)が 2018年12月に発売されます。

発表されたのは随分前でしたが、これ、すごくビックリしました。


「figma」は、関節を動かせるのがウリの人間フィギュア、というのが私の中での認識でした。

人間といっても主にアニメ・ゲーム出自のいわゆる二次元キャラがメインストリーム。

ですが、最近は実写俳優(孤独のグルメの松重豊等)から有名彫像、浮世絵まで守備範囲はかなり広まってきていて、ダライアスのボスやガルパン戦車などもラインナップに入る「何でもあり」っぷりを見せつけてくれていました。

一応、可動部のある「動くフィギュア」だから、ありなのか…とムリヤリ納得していましたが、E233系ってまさかの電車!

シンカリオンならともかく、電車には関節がないぞ!

figmaブランドでいいの!?

と思っていたら、


連結部分が…関節!!?

……こじつけ感満載ですけれども、一応「可動フィギュア」としての体は守られてる、ってことなんでしょうか。

「何でもあり」もここまで来るとアッパレな感じですね。キライじゃないです。

でもなぜ電車なのか。

もしかしたら、宣伝文句には大っぴらに書けない「無人在来線爆弾(シン・ゴジラ)」を再現できる商品としてシリーズ展開していくつもりなのかもしれません。(※個人の感想です)

サイズ感は 1/350スケール。

Nゲージ(1/150)よりうんと小さく、Zゲージ(1/220)よりも少し小さく、先日紹介したCゲージ(1/400)よりは少し大きい。

手に持った写真を見る限り、森永スポーツマンクラブキャラメルのおまけに近い雰囲気はありますね。

あのおまけがリアルになった感じだと思うと、ちょっと欲しくなってきちゃう森永マジック。

お値段も量販店価格ならちょうど3,000円くらいなので(10両編成)、悪くない価格設定です。

首都圏から遠く離れた地に住む者としては、E233系以外の車種が出るのかどうかが一番気になるところですが、figma公式サイトで過去ラインナップをザっと眺めると、イロモノfigmaはあまり長続きしていない印象なのが気になります。

事業者限定の鉄道figmaなんて出て来たらちょっぴり面白いかも。

パーツ全部カプセルに詰め込む力技!ガチャ版Bトレをゲット!(E233系中央線など)
ついに発売されました、ガチャ版Bトレこと「Bトレインショーティー in カプセル」。買おうかどうか迷っていましたが、たまたま寄っ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>