満島徹子がハマりすぎて楽しい「トットてれび」。でも長編ドラマで見たい!


黒柳徹子の自伝が原作のドラマ「トットてれび」。

NHK総合で毎週土曜、ブラタモリ直後の放送。面白いです。

黒柳徹子役を演じる満島ひかりの巧さが光りまくり!

何らかの理由で「徹子の部屋」が終わってしまったら、満島さんに後任を任せても良いんじゃ無いかってくらいに(それは言い過ぎか)。

ドラマ女優だった黒柳徹子が新鮮

黒柳徹子さんといえば私の中では「ザ・ベストテン」の人であり「徹子の部屋」の人のイメージがほぼ全て。

でも若い頃は声優から女優までされていたんですね。

それとなく聞いたことはありましたが、こうして改めて再現ドラマを見ると「へぇ~!」の連続。新鮮です。

それを若干トボけたような雰囲気で(鼻から抜けるような声で)演じる満島さんがまた良い。

生放送ならではのドタバタ舞台裏

第3話で取り上げられた生放送ドラマ「若い季節」。

自分が生まれるずっと前の作品なので視聴叶わずですが、その舞台裏のドタバタ劇にすごく引き込まれました。

いや、現場の当人たちにとっては冷や汗の連続だったんでしょうけれども。

台詞を忘れたり、他の役者が機転を利かせたり、大道具が倒れたり、役者が別のとこで寝てたり(坂本九さん!)、まぁトラブルてんこ盛り!

笑って、ハラハラさせられて、巧い切り抜けにハッとさせられて、こっちもせわしないけど見事な作りでした。

これを見ていて三谷幸喜監督の映画「ラヂオの時間」が見たくなりました(こっちは生ラジオドラマのドタバタ劇)。

もちろん、この当時の若き黒柳徹子主演のドラマも見てみたいですが、さすがに昔すぎてNHKにも録画映像が残ってないようで残念無念。

本日の放送(第4回)の最後でチラっと出てきた「徹子の部屋」がいよいよ来週登場。「ザ・ベストテン」もあるのか? 久米宏は誰が演じるのか? 色々興味津々です。

欲を言えば長尺で見たかった

「トットてれび」は全7回の30分ドラマ。

要素がギュっと凝縮されてて、場面転換もスピーディー。

テンポが良いからサクサク楽しめるんですが、駆け足感も否めないので欲を言えば長編ドラマで見たかった。朝ドラとか火曜10時枠の1時間ドラマとかで。

エピソードももっと掘り下げられそうなのと、なにより脇を固める俳優陣が豪華すぎて、彼らとの絡みをもっともっと見てみたい!って気持ちが大きいですね。

渥美清(中村獅童)なんていつの間にか寅さん(男はつらいよ)まで上り詰めてるし、その過程も覗いてみたかった。篠山紀信(青木崇高)、飯沢匡(大森南朋)とかチョイ役も豪華なのですが「もしかして一度きりの出演?」と感じさせるのが惜しい!

二人の徹子の対談「トットふたり」も放送

黒柳徹子&満島ひかりの15分間の対談番組「トットふたり」がNHK総合で放送されるとのこと。

放送日時は、

5月25日(水) 16:05~
5月28日(土) 03:20~(←深夜)
5月28日(土) 16:50~

おそらく全て同じ内容だと思うのですが、公式サイトにそこまで詳しい記載が無かったので一応全部チェック。こちらも楽しみ。

話は全然飛ぶのですが、トットてれびドラマ内で使われてるテレビに「TAKUMI」のロゴが!

数年前に放送されたドラマ「メイドインジャパン」のタクミ電機はすっかりNHK小道具の常連だなぁ。残りの放送でも何回「TAKUMI」が拝めるかチェックしてみよう。

スポンサーリンク

コメント

  1. 京太郎 より:

    ちょっとはしょりすぎなところがありますよねぇぇ。
    向田さんとはどのように知り合って 毎日会うような仲になったのか……とかとか。
    (これは来週やるのかしらん)
        向田さん役のミムラねいさん、
        なんだか ぴったりだなぁぁぁと。
    短いなぁとは思うのだけど、
    あの 「徹子さん」のテンションを保ち続けるには
    さすがの満島さんも あれが限度なのかもかも…とか思ったり。
        でもでも、ほんとに 似ているというか、
        特徴をつかみつつ、
        モノマネではなく、ちゃんと演じているってのが
        ものすごい俳優さんなんだなぁぁぁと。

    ちなみに、出てくるファッションとかも ツボです。

    • ひらら より:

      ▼京太郎さん
      面白いんだけど、かけ足すぎて勿体なさは感じますよね。
      いや、面白いからこそ、もっともっと見せて~な気持ちになるんでしょう。

      昨日放送された「トットふたり」を見たら
      若い徹子と今の徹子が並んでいて面白かったです(笑)

      後編は向田さん、渥美さん、森繁さんのエピソードが続くようなので、
      もしかしたらココで掘り下げてくれるかも? と期待してます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 四 = 4

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>