走行性能すこぶる良好!Zゲージのキハ52形完成/昭和にっぽん鉄道ジオラマ第37号

昭和にっぽん鉄道ジオラマ第37号
本日発売、デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第37号がAmazonより到着。

今週号の付録は、キハ52の下回り(動力ユニット内蔵)とその他いろいろ。

先週の36号(キハ52ボディ)と合わせて、Zゲージのキハ52が完成する算段となっております。

付録は他にもいろいろ付いてますが、ターゲットはもちろんただ1つ。
キハ52下回り
動力ユニット!

これ付録で1,890円は破格ですよ。

 
ROKUHAN
ひっくり返すと「(C)ROKUHAN」の刻印。六半製であることが分かります。

ROKUHAN=六半の社名は、Zゲージのレール幅「6.5mm」が由来なんだそうです。
 
ライトはやっぱり省略されてるのね
正面から。

やはりライトユニットは省略されていたか。

ライトが無くても十分破格だし、ここは涙を呑もう。
 
矢印の向きを合わせて
ボディ、下回り、それぞれに刻印されている矢印の向きを合わせていざ合体。
 
キハ52完成
キハ52、完成!

デアゴスティーニのこのシリーズが発表されたときから、虎視眈々とこのキハ52だけを狙ってずっと待ってました。

では、早速走らせてみましょう。
コントローラーはアキア製
Zゲージのレール一式、かなり久々に引っ張り出してセッティングするので、レールクリーニングを念入りに済ませてから。

コントローラーは今は亡きアキア(akia)製のもの。

アキアは食玩でZゲージ485系シリーズを出してたところですね。その後は社名をプラスアップに変えて細々と…。今はどうなってしまったんだろう。

それはさておきこのアキア製のコントローラー、わりと使い勝手が良いので、Nゲージを走らせるときにも重宝してます。
 
走行シーンはカンタンな動画で。


この走行性能の良さ!

動画だと伝わりづらいかもしれませんが、想像していた以上に走行音が静かでなめらか!スロー走行もしっかり効いてる!

走らせてみてすぐ「しまった、2つくらい買っとけば良かった!」と悔しい気持ちにさせられましたよ。それぐらい上質なモーター。

Zゲージは先のアキア485系、エフトイズの0系(別売動力も購入)、東京マルイのEF65+20系など所持してるのですが、そのどれよりも美しい走りっぷり!

ロクハンの動力車を手にするのは今回初めてですが、良い仕事してるなぁ。

しかし、先に並べたメーカーの名前、(Zゲージメーカーとして)今はもう聞かれないのがこの業界の悲しさよ…。

それだけに六半には末永く頑張って欲しいです。
 
NゲージとZゲージの比較
最後にNスケールの鉄コレ(キハユニ15)とのツーショット。

単体の写真だとNゲージとそう変わらない印象ですが、こうして並べてみるとZゲージって可愛くて良いですね。NがHOのようだ。

収集はNスケール中心なので、Zに本腰入れる余裕は無いものの、今回みたいに思い出したように新車がやって来たりします。

Zゲージを手に取ると、サイズ的に森永の「スポーツマンクラブキャラメル」を思い出すのは私だけ? 古すぎて伝わらないかしら。

(Z)キハ52ボディが付録の「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」36号をゲット!
本日発売、デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第36号がAmazonより到着。この36号と37号の2回分を買えば、Zゲー...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>