キャットフードが楽天より安かったので初めてAmazon定期おトク便を試してみた

サイエンスダイエットとケミィ
キャットフードはずっと日本ヒルズのサイエンスダイエットを愛用しています。

ねこの年齢があがるにつれて種類は微妙に変わってきていますが、10歳を超えた今は、サイエンスダイエット シニアライト チキン 肥満傾向の高齢猫用 1.8kgが定番フード。

身近な店よりもネットのほうが安い&重い買い物なので、いつも楽天市場でまとめ買いしてきました。これを書いてる時点で最安値は1680円~。

が、ふとAmazonをのぞいてみたらムムム!

Amazon定期おトク便が安い

Amazon定期便web1
1454円ですと!?

しかも、Amazon定期おトク便なる注文方法だと1309円!10%オフ!

楽天で買うより300円以上安いじゃないですか。

※価格はよく変動するので現在はこの価格でない可能性もあります。

Amazon定期おトク便の存在はずいぶん前から知っていて薄々気になっていました。

よく使う日用品を、たとえば月に一度のペースで自動的に届けてくれるサービス。(雑誌の定期購読みたいなものですね)

ヘルプを読んでみたらいつでもキャンセル可能。これなら軽い気持ちで試しに注文してみるのもありか、と良い機会なのでレッツトライ!

キャンセルOK、配達日の変更もOK

Amazon定期便web2
注文完了の画面。

キャットフードはだいたい月一で減ってる具合なので、配達頻度は一ヶ月に一度で指定。

6月8日に注文したところ、毎月15日配達になりました。何日に配達するかは後から変えられるので、フードがダブついてきたらちょっと遅めの日に変えるか、いったんキャンセルしてみるつもりです。

もし意外と消費量のほうが多くて月一じゃ足りなかったら・・・・・それはその時に考えるとしよう。

ちょっと早めに届いた

Amazonの箱とケミィ
早速やってきた定期便。

指定は毎月15日でしたが、実際に届いたのは12日でした。

少し余裕をもって届けられるみたいですね。なのでキャンセルや頻度変更はなるべく早めにやっておいたほうが良さそう。

梱包はいつものAmazon流

箱の中
梱包は箱・中身・伝票ともにいつものAmazon。

定期おトク便だから、箱がオリジナル仕様だったら面白いなとなんとなく思っていたので、ちょっぴり残念。

消費期限は2017/07。1年以上もつなら全然オッケー。

値段は注文時で固定ではなく、その時その時で変わってくるそうです。油断してると安い買い物のつもりが知らず知らずのうちに逆転してる可能性もあるので、都度価格をチェックしなきゃですね。

とりあえず、キャットフードはしばらくAmazon定期便と付き合ってみようと思います。でも、もし楽天でビッグセールに出会ったらそれは別腹!

Amazon定期おトク便(最大10%OFF)の商品一覧はコチラ

ねこメシだけじゃなくて、米とかも安かったら検討してみようかしら。

スポンサーリンク

コメント

  1. 京太郎 より:

    大量買い。
    安く買えるのはいいことなんですよねぇ。
    私も アマゾンさんでお世話になりました。

    でもね。
    考えたくないけど……晩年は大量買いはやめた方がいいでつ。
    今日、ゴミの日に 大量廃棄処分いたしました(T-T)
    ゴミ袋が重かったですぅ。

        買ったばかりだったり、
        今まで食べていたものが食べなくなったりで
        あれこれお試ししたりして
        多種多様のものが
        お店開けるくらいにあったとです。
        しかも中途半端にみな開封してしまっていて(^_^;

    消費量が多くて あわてて追加注文になるくらい
    いつまでも 二人とも ガツガツ食べてくれますように。

    • ひらら より:

      ▼京太郎さん
      確かにそろそろって時は大量買いはリスキーですね。
      経験者のお言葉、重みがありまする…。
      そして涙の大量廃棄、もろもろ本当におつかれさまでした。

      今のところは二匹ともまだ食欲旺盛なので、
      しばらくは今の体制で大丈夫かなと楽観してますが、
      10歳オーバー、少しずつ先のことも考えなきゃですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 × 八 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>