今年の南海は冬!鉄コレ南海6000系、12月から続々販売、トリッキーな販売形態にご用心!

南海6000系(6020号)
今年の南海鉄コレはもう無いのかな…と思いきや!

すっかり油断していたら、まさかの10月発表からの冬発売。

車種は、コルゲートが誇らしいステンレス車の南海6000系です。

個人的には無塗装のオールシルバー時代のイメージが強いですが、今回発売される6000系はすべて新塗装スタイル。

ラインナップは次の2種類ですが、12月の先行販売は片方ずつのみの販売なので、内容にはくれぐれもご注意!(うーん、トリッキーだぜ南海さん)

  1. 南海6000系冷房改造車 2両セット 3,500円(税込)
  2. 南海6000系冷房改造車 4両セット 7,000円(税込)

それでは、何両セットがどの販売会かなのかに気をつけつつ……以下スケジュールをご確認ください。(後日変更等の可能性もかんがみて、合わせて南海公式ページでもご確認ください)

南海6000系 発売スケジュール

2両セットのみ販売

2018年12月1日()
【★2両セットのみ★先行販売】
堺駅プラットプラット1F 太陽の広場 (南海線・堺駅下車すぐ)
10:00~16:00(雨天決行・荒天中止)
2両セットのみ 1200個販売

2018年12月2日()
【★2両セットのみ★先行販売】
第1回水間鉄道フェスタ(笑電祭)水間観音駅構内(水間鉄道・水間観音駅下車すぐ)
10:00~16:30(雨天決行・荒天中止)
2両セットのみ 1100個販売

4両セットのみ販売

2018年12月8日()
★4両セットのみ★先行販売】
泉ヶ丘ひろば専門店街1F (泉北高速鉄道・泉ヶ丘駅下車徒歩約2分)
10:00~16:30(雨天決行・荒天中止)
4両セットのみ 1200個販売

すべて販売

2019年1月17日(木)~完売まで
【一般販売】
なんば駅サービスセンター(2F中央口)
AM5:00~完売まで
2両セット 1300個販売
4両セット 1300個販売

公式ページ

鉄道コレクション南海6000系冷房改造車2両セット・4両セット(南海電車)※一般販売
各種イベントで南海電鉄グッズを販売いたします!(南海電車)※先行販売

Bトレ600円など鉄コレ以外の南海グッズのセール情報もここには書き切れないほど満載なので、詳細は上記公式ページにてご確認を!

スポンサーリンク

コメント

  1. 南海好き より:

    ついに模型化されましたね。自分としては嬉しい限りですが、なかなか複雑な販売方法だと思いました。一般発売が来年ということなのでお金を貯めて買おうと思います。
    情報提供ありがとうございました。

  2. 6020f より:

    6000系現行仕様が製品化…
    高野線ユーザーとしては見逃せません!
    阪急などのように中途半端(?)な時期では無く、正月当たりに販売してくれるので、車両に当てる予算が考えやすくて、学生の私からしては助かっています。

    しかし、今回製品化される6000系は5年前に発売された旧塗装とは違い、全面の貫通扉の窓ガラスが小さくなった後期車のため、新規金型での製造となります。
    そのため、4連では6013,6017,6023,6025,6029,6035fのみ再現可能となります。(阿波座さんから貫通扉交換パーツなど出たら別ですが。)
    2連は全て後期車なのですが、再現出来るのは、6011,6015,6019,6021,6027,6031,6033fのみとなります。
    6000系の2連は難波寄りに6001形が付く編成と橋本寄りに6001形が付く編成があり、製品化されるのは難波寄りに6001形が付く編成となります。しかし、橋本よりに6001形が付く編成は難波寄りに6001形を繋ぐ編成は運転台側にパンタグラフが付くのに対し、橋本寄りに6001形を繋ぐ編成は連結面側にパンタグラフがつくため、再現不可能です。ここで、屋根交換パーツの出番ですが…付いてくるでしょうか…

    長文失礼しました。

    • ひらら より:

      ▼6020fさん
      お正月なら予算…なるほど、学生さんならではの強みですね!
      6000系の再現可能編成もありがとうございます。
      付属パーツは特に記載されていないので、
      屋根等が付くかどうかは今後の情報待ちか、出たとこ勝負ですね。

      • 6020f より:

        それぞれ、一般販売では1300個しかないので、3年半前の7000系冷改旧塗装みたいな列が初日は出来そうな気がします…7000系冷改車の時は始発で行っても、約2時間弱並んで買いましたね…

  3. ハラちゃん より:

    今回は時期を外しての販売ですね。1月は特に買う予定の鉄コレが無いので2両セット・4両セット各1セットづつ買おうかと思ってます。今回は台枠は付属してるのか気になる所ですね。余る事なく編成ができるので普通から快速急行まで再現できますね。先行販売をパスして一般販売まで大人しく待ってます。

    • ひらら より:

      ▼ハラちゃんさん
      秋を外してくれたのは、
      「全部買うぜ!」ってな方にとってはありがたいですね。
      台車枠は例年の南海鉄コレでは入ってなかったように
      記憶してますが今回は…フタを開けてみるまで分かりませんね!

  4. クモハ40 より:

    管理人様こんにちは。 
    南海鉄コレ渋い車両模型出ますね! 
    三月にはポポンデッタから「こうや」30000系電車も販売されますし今回の鉄コレ6000系電車も入れて南海高野線再現出来ますね!南海6000系電車は扉が方扉方式なのですね!方扉車と言えば昔の山陽電車や阪神急行車両にもありました。なんか懐かしい感じがする車両ですね南海6000系は。今回の南海6000系鉄コレも後になってジョーシン店やポポンデッタ店での取り扱いあるかも知れません。確か割引で販売されていた感じがするので後で買うと言うのもありかもです!

    • ひらら より:

      ▼クモハ40さん
      たしかにポポンデッタの30000系とも時期が近いので、
      2019年初頭は高野線がアツいですね。
      他店に回るかどうかは、生産数量の大小によるところも多いので、
      もしかしたら過去の事例から絞ってくる可能性もあるかもしれませんが、
      その辺りは南海のみぞ知る……待てるならば待ってみるのもありですね。

  5. ミーコ助役 より:

    ようやく待ってましたの車両ですが23年にはいなくなり思い出の車両となるので複雑です。3000の型ベースにすぐ作れる6200も早いところ出してほしいですね。6000と遊べますし。
    これにて泉北内を走れる現役南海Nゲージ初模型化ですかね?Bトレだと1000がありましたが。
    これを期に6200、さらにはマイクロより先にBトレが出さない6300まで来るのが理想です。高野線の通勤車両が少なすぎるので苦笑

    • ひらら より:

      ▼ミーコ助役さん
      思い出になる車両こそ模型で残しましょう!
      高野線の現役通勤車、泉北車も含めて充実すると良いですね。

  6. 管理人さま、こんにちは。

    南海6000系の今の仕様が遂に発売ですか。
    発売方式も変則で初の試みと言えます。
    6000系は、昭和の南海として好きな車種で、数年前の登場時仕様の時にまとめて購入したので、昭和型の現行塗装に対して好みでないので基本的に見送る予定です。

    • ひらら より:

      ▼播・備鉄道さん
      やっぱり南海の新旧カラーリングは
      世代によって好みが分かれてしまいますよね。
      私も未だに6000系は銀一色、
      他車はグリーンツートン時代を引きずってます(笑)

  7. TC:22615 より:

    10月27日(土)に千代田へ行って来ました。
    その時にちょっと聞いてみた所、テナントの都合上(販売場所を貸してもらう
    事情と同じグループ企業とゆう都合上)でやむなく別々の販売となったそうです。
    本来でしたらプラプラか泉が丘でまとめて販売したかったのは分かっておられた
    様ですが、大人の事情ゆえ仕方が無かったそうですね。

    • ひらら より:

      ▼TC:22615さん
      千代田遠征お疲れ様でした。
      販売形態が複雑になってしまったのは、
      そういう戦略ではなく、テナントの都合だったんですか。
      販売会を主催する側もいろいろご苦労があるんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>