鉄コレ南海ひさびさの一般販売に2230系、さらにふるさと納税特製品も!

昨日トミーテックの新製品情報がありました。

鉄コレでは、

の3車種が初お目見え。(各リンク先はトミーテックPDF)

とくに京急1800は「え、こないだ事業者限定で出たばかりじゃ…!?」と驚かされましたよ。

限定品を買った人の心中やいかに…。

と思わなくも無いですが、一般流通品は安さが魅力。秋の陣の真っ只中な今、あちこちで行列に並んではセコセコ買い集めてますが、6両編成、8両編成にもなるとさすがに割引き店で買わせておくれよぉ…と弱音を吐いちゃいますもの。

京阪・京急あたりの一般流通へのフットワークの軽さが心底うらやましいぜ。

話を戻して、南海が一般販売に入ってきたのも少し驚きました。

南海は汐見橋線の2230型が2月発売


車種は、汐見橋等の支線を走る2200系2230型(2両編成)。

ずっと「2300系」と呼んでましたが公式にはこれが正しいのかしら。

南海が一般販売に顔を出すのって随分ひさしぶりだなぁ、と思って鉄コレ公式ページをチェックしたら2012年の21000系以来6年ぶり!※

(※2230型の発売は2018年2月予定)

ザッと見返した限り南海のオープンパッケージって21000系以外出てなかったんですね。一畑や和歌山電鐵がチョクチョク出てたから結構出てたと錯覚してましたよ。(あとブラインドでも旧車がチョコチョコ)

2000系もオープン化の可能性に賭けて待ってみるのもありかも。(真田赤備えはさすがに今を逃すと無さそうですが)

さらに驚いたのが、この2200系、ふるさと納税の特製品仕様まで出るとか!

南海2200系「走る!工場夜景」ラッピング車

【PDF】鉄道コレクション 南海2200系「走る!工場夜景」を高石市ふるさと納税のお礼品としてラインナップします

鉄コレがふるさと納税の返礼品とされるのは、私の知る限り神戸市営地下鉄1000形に次いで2つ目。

神戸市交は通常品と仕様は同じだったようですが、南海は特別ラッピング仕様!

ん~、ふるさと納税でしか手に入らない車種が今後続々出てきたら困るぞ-、と思ってPDFを最後まで読んでみたら、一般向けに販売会も行われるようです。

2018年3月下旬予定で、1000セット限定販売

まだ会場等詳細は決まっていませんが、時期的に万博かしら。ただ、2両 4,500円という価格を見て思わず二度見!

特別仕様車だけの価格で、これが来年の鉄コレ基準価格では無いと祈りたい。信じたい。そんな悪夢は見たくない。

スポンサーリンク

コメント

  1. 京急の再販は買えなかった人にとっては感謝感激雨あられですw
    南海はフレンズのヘッドマークでも貼りますかね…
    けど、夜景列車のインレタは阿波座さんが製品化してたような気がしますね…

    • ひらら より:

      ▼特快速 ウッディタウン中央行きさん
      買えなかった人にとっては朗報ですね。
      阿波座さんのインレタと特製品の価格を天秤にかけて…ってところでしょうか。

  2. TC:22615 より:

    本日川西能勢口へ阪急バスコレを買いに行った時に南海の情報を聞きました。
    発売待ちをしていた皆さん全員が価格と発売個数に納得行かないと言ってられました。
    僕も南海の方より京急1800形の通常版発売の方がうれしいですね。
    万博でゲット出来なかったので大市交10A系と共に心が揺らいでいます(笑)

    • ひらら より:

      ▼TC:22615さん
      2両編成なので1人でそう何個も買う人はいないと思いますが、
      価格はけっこうきてますよね(^_^;
      生産数が少ない分、価格に反映されてるのかもしれませんが…。

  3. フグタマスオ より:

    正直な話何で事業社限定になると車両ナンバーと行き先表示が手抜きなのかなと思うといきどうりを感じます!

    • ひらら より:

      ▼フグタマスオさん
      事業者限定の場合、先頭+中間の2両セットが主なので、
      車番が入ってると数セット買うとかぶるのが主な理由でしょうね。

      阪急 京とれいんや南海 真田のように
      特定編成のパッケージなら車番印刷済みですが、
      行き先はユーザー選択式ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>