鉄コレ阪急3300系の公式ページオープン!京都線(特急)特集の鉄道ピクトリアル発売中

鉄コレ阪急3300系
この秋の発売が予定されている鉄道コレクション阪急電鉄3300系の公式ページが開設されました。

鉄道コレクション 阪急3300系3両セット(2種)(レールファン阪急)

初期サンプルの写真が7点ほど掲載されています。

販売開始日は、2019年10月12日(土)~(東京・日比谷 鉄道フェスティバル)

日比谷公園以外もこの日なのかどうか明記されていませんが、例年通りなら同じ日に発売されると思われます。また、今年から天賞堂での販売は無くなりました。

交換用屋根パーツは付属せず

鉄コレ阪急3300系(運転台撤去車)
運転台撤去車を含めた3両セットの鉄コレ阪急3300系。

新たに判明した情報としては、交換用の屋根パーツは付属しないとのことです。

とはいえ、先頭車と運転台撤去車の屋根を入れ替えることは可能なので、それで大半の編成はカバーできると思います。

鉄道ピクトリアルは京都線特急号

一方、阪急つながりで最近発売の書籍。

8/21に発売された雑誌「鉄道ピクトリアル」2019年10月号阪急電鉄京都線特急の特集号です。

京都線特集号はつい2年前に出たばかりなので、ちょっと早いな? と思ったら今回は特急だけの特集なんですね。

3300系もたまに特急としてブイブイ言わせていたこともあったので、全くの無関係ではないはず。

表紙に現役車ではなく、今は亡き6330を持ってくるのが泣かせるぜ…。

スポンサーリンク

コメント

  1. ハラちゃん より:

    なかなかいい仕上がりですね!今まで屋根交換パーツがありましたが今回から無くなった事は来年の鉄コレも屋根交換パーツが無くなる可能性もあるかもしれないですね。後はパッケージもどんな感じか気になりますね。

    • ひらら より:

      ▼ハラちゃんさん
      3両で融通が利く分、屋根はなくてもOKという判断だと思うので、
      もし来年以降2両セットに戻るなら屋根は付属するかもしれません。

  2. 清水 より:

    阪急3300のサンプルを見て気づいたのですが、白色の塗料が方向幕からはみ出したり、阪急のサイトに掲載されていた画像には、ヘッドライトの周りの銀色の塗料がはみ出していたりと仕上がりには、かなりばらつきがあるようですね。

    私は今回、3300系を購入しようかと思っていますが、5500円+10パーセントの税金まで払って仕上がりが悪いのを購入してしまったらと仮定すると、やはり購入するか悩んでしまいますね。

    • ひらら より:

      ▼清水さん
      やはり鉄コレなので塗装面での
      ある程度のバラつきは覚悟する必要はあるでしょうね。

      事業者限定の場合、価格に消費税分は含まれているので、
      5500円が総額になりますが、いくつも買うとなると
      おサイフと要相談ですね(^_^;

  3. 管理人さま、こんにちは。

    いよいよ、雑誌公表で公式ページ公開ときました。
    予定としては、9両分確保する予定です。
    事業者鉄コレは、一応税込価格ですが、他の一部の方が勘違いされているようですが、商品構成と消費税も絡んだ価格上昇は、年々ボディーブローが増している印象です。

    造形は、阪急さんは、相変わらず鉄コレにしては精巧に出来ているという印象ですね。
    期待して発売日迄待ちたいと思います。

    • ひらら より:

      ▼播・備鉄道さん
      情報の公開がはじまって
      いよいよ秋へ向けて走り出した感が高まりますね。
      他社の発表もうかがいつつ期待して待ちましょう!

ひらら にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>