駅長たまの社葬を見て、ウチのねこたちの今後を思わず考える

今日の体重:ケミィ4.3kg(→) 山田3.6kg(↑)
ケミィ枕
先日、和歌山電鐵のねこ駅長「たま」が亡くなりました。

特にペットを飼ってる身としては、よく知っているねこの死は心にズゥーンと重くのしかかるものを感じますね。くるねこさんとこの「もんさん」の時もそうでした。

ウチのねこたちも、年齢がひと桁の頃は「まだまだ先のこと」と思っていましたが(むしろほとんど考えてすらいなかった)、ふた桁を超えてくると少しずつ意識し始めますね。2015年現在、ケミィは10歳。山田は9歳。

※上の写真はたま駅長じゃなくて、わが家のケミィです。

普段どおりの生活をいつまでも

たま駅長は16歳、もんさんは17歳でこの世を去りました。

人間でいうと約80歳。ほぼ平均寿命であり、まさに天寿を全うしたんだと思いますが、同時にわずか16~17年しかないのかぁ…とも感じます。

でも、常に死ぬことを考えながら過ごすのも湿っぽい日々になりそうなので、これからも普段通り、ゴハンをあげて、トイレを捨てて、爪を切ったりブラッシングしたり、一緒に寝たり、起こされたり、いつもと同じ暮らしをいつもの通りに続けるのが一番なんでしょう、きっと。

たまの社葬はすごくゴージャスだった!

先日、駅長たまの社葬の模様がニコニコ動画で生中継されたので見ていました。

別れは寂しい。けど、その規模のすごさに思わず目がくぎ付け!

立派な祭壇も設けられて、神主さんも来て、大勢の参列者が来て、もちろんマスコミも大勢。と芸能人クラスのゴージャスなお葬式っぷりは、さすがスーパー駅長→ウルトラ駅長へと大出世を果たした駅長たま!(最後の最後には「名誉永久駅長」に昇進!)

和歌山電鐵の窮地を救っただけでなく、億単位の経済効果をもたらしてるし、全国に数え切れないほどのファンもいるし、「たかが1匹のねこ」と言わせない働きっぷりを前に、芸能人クラスの盛大さも納得。

ねこは転ばずに着地できる

そんな社葬で、和歌山電鐵の社長さんから印象的なエピソードがありました。

フィギュアスケートの高橋大輔選手が、駅長たまのお守りを持っていたこと。社長から渡されていたそうですが、世界一のステップで銅メダルを獲得したのが、このときのバンクーバー五輪。

そもそも、

ねこは高いところから落ちても、転ばずに着地できる

ってなゲン担ぎが、お守りをプレゼントする理由の1つだったそうですが、なんというナイスな理由でしょう。メダルゲットのお手伝いまでこなしちゃうとは、まさに稀代のスーパーウルトラ招き猫!

ペットのお葬式は今のうちから考えたほうがいい?

おっと、話が脱線してしまいました。

先ほど「常に(ペットが)死ぬことは考えなくていい」と書きました。

でも、たまの社葬を見て「お葬式」的なものをどういう風にやるべきかは、少しずつ考えなきゃなーとは思い始めています。

さすがに、あんなゴージャスなお葬式はわが家レベルではムリ。

それ以前に、その手の知識がほぼ皆無

ペット葬とかまったく経験が無いので、身近でどんな風にやってくれる業者・団体があるのか。価格はいかほどか。とか。元気なうちに始めとかないと、ホントにいざって時が来てからだとドタバタ&悲しすぎて何も出来ないなんてことになりそうで(んー、これは人間にも言えるかも)。

子供の頃ねこを飼ってた時は、保健所の人に引き取りに来て貰った記憶がありますが、それだとあんまりな気もしますしね。といってもあんまり大袈裟じゃなくて、ささやかな感じで良いのかなーと、なんとなく思ってます。

とりあえず、ねこも人も、
向こう7年くらいは今のまま、転ばずに着地できる日々を過ごせたら。

ありがとう たま駅長
和歌山電鐵の「駅長たま」が亡くなりました。昨日、訃報が報じられたのでご存じの方も多いと思いますが、2015/6/22、16歳で天...
スポンサーリンク

コメント

  1. DD51 より:

    こんにちは。
    社葬には、県知事も来てましたね。
    社葬行こうと考えましたが、夜勤明けで間に合いそうにないので、断念しました。
    でも、知り合いの何人かが行っていたので、SNSに写真載せてるのを見てました。
    たかが猫一匹になんて思う人も居るかもしれませんが、それだけの貢献をしたと思いますね。
    そうそう、ニュースで「死にました。」と言ってますが、以前「亡くなりました。」と言ったら、「亡くなるは人間に対しての言葉で、猫に使う言葉じゃない。」と苦情が有ったそうです。
    なんだかなぁと思いました。
    それはさておき、ペットは人間が飼っているけど、ペットからするとそんな風には思って無いでしょうし、実際は、人間の勝手に付き合って貰ってるのかもしれませんね。
    躾をしながらも、責任を持って面倒をみて、感謝の念も忘れ無い様にと、ペットを飼っていませんが、そう思います。
    タマ駅長今頃あの世で、「人間の相手をするのは疲れるよ。でも、まんざらでもなかったかも。」と言ってるかもね。
    ヒララさんも、二匹にそんな感じに思われる様、楽しく構って貰って下さい。
    長々と乱文失礼しました。

    • ひらら より:

      ▼DD51さん
      >「亡くなるは人間に対しての言葉で、猫に使う言葉じゃない。」と苦情が有ったそうです。

      ニュース各社のヘッドラインで「死にました」の文字を見て
      私も「あれれ?」と感じてました。そういう苦情が来る世の中ってちょっと寂しいですね。
      法律とか警察とかだと動物は物扱いにも等しかったりするし、
      意識面での違いはあるのかもしれませんけども。

      >ヒララさんも、二匹にそんな感じに思われる様、楽しく構って貰って下さい。

      はい、楽しく過ごせてもらえるよう、
      これからも2匹のしもべとして日々精進します(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>