おすそ分け用のジョイコン グリップを使ったら操作性が100倍は向上!

Switchでわりと前面に押し出されている「おすそ分けプレイ」。

小さいジョイコンを2人で分け合って遊ぶわけですが、ジョイコン自体が小さくてこれが非常に操作しづらい!(手が大きい人なら尚更!)

ジョイコンにはめるアタッチメントが売られているのは前々から知っていましたが、先日のAmazonプライムデーでちょっと安くなっていたので試しに買ってみました。
joycon-grip パッケージ
YOSH製のNintendo Switch専用 Joy-Conハンドル

ジョイコンハンドルと聞くと、マリオカートの丸いハンドルを想像しちゃいますが、海外では「グリップ」よりも「ハンドル」のほうがニュアンスとしては正しいのかもしれません。ここでは日本的に「グリップ」と表記します。

さて、箱から出してみると、
joycon-grip 内容物
中身はグリップが2つ。

共通仕様で、ジョイコンL・ジョイコンR、区別なくどちらでも装着できます。

着脱はきわめてカンタン
早速、装着してみました。

上側(SL・SRボタンの側)からはめて、手前をグッと押し込めば、
ジョイコンを装着するアタッチメント
装着完了。とてもカンタンです。

カチッと確実に止まる感覚も無いのに、触ってみるとシッカリ収まっているのが不思議。操作していてもブレることが全くありません。

外すときもカンタン。

手前の凹みの部分から、指で軽く上へ押し上げればスッと外れます。ムダな力やコツも不要。

任天堂純正のJoy-Conストラップに比べれば、信じられないくらい着脱はカンタンです。

joycon-grip ウラ側
ウラ側はシンプル。

なにより素晴らしいのが、
なによりSL・SRボタンの拡大化がすばらしい
SL・SRボタンの拡大化。

これは本当に押しやすい!

元のSL・SRボタンなんて小さい上に、ある程度の押し込む力が必要で、このボタンを使う必要があれば憂鬱になるほどでした。

(純正のJoy-Conストラップを差せばある程度解消されるものの、着脱がけっこう面倒なんですよね…)

SLを押そうとして、Lボタンをカチっと押しちゃうことも無くなりました。

実際にゲームを遊べば快適そのもの!
ホールド感もすごく良く、ジョイコンがPSのデュアルショックのよう!
グリップのおかげで安定感向上。

指がキュウクツだったジョイコン単体と比べたら、操作性が100倍良くなったと言っても過言ではありません。

難点はほとんど無いものの、欲を言えば(吊して収納が出来るよう)ストラップ穴があれば尚良かったです。が、それは些細な点。

Switchでおすそ分けを快適に遊びたい人にはマストアイテム。

YOSH製品だけでなく、類似製品は他の多くのメーカーから出ているので、レビューがよほど酷くなければどの製品も似たような感じで使えると思います。

ジョイコン左スティックの動作が鈍かったので任天堂へ修理。わずか1週間の無償対応は見事!
2018年3月3日。ニンテンドースイッチ発売から今日でちょうど一年。数週間前からジョイコンの調子が悪かったので、一年保証が切れる...
Switchで使えるステキ100均グッズまとめ
ニンテンドースイッチ発売から今日でちょうど一年。Switchの周辺機器・グッズ類を純正品で揃えるとバカにならない金額になりますが、1...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>