Switchが入る百均ケースを求めていろいろ試してみました

やっつけSwitch
前回、ダンボールで作ったやっつけSwitchで他のゲーム機やスマホなどと大きさを比べてみました。

Switchは据え置きゲーム機にも携帯ゲーム機としても使えるということで、今回は携帯時に使えそうなソフトケースをいろいろ探してみます。

任天堂公式のSwitchポーチを買ってくるのが一番手っ取り早いのですが、3DSやPSPからタブレットまで、ほとんど百均のソフトケースで過ごしてきた身としては、それらが使い回せることに越したことは無いってことで。(我ながらケチくさい!)

ちなみに、Switchの実寸は次の通り(→Switch公式サイト参照

239mm(両側Joyコン装着時)
高さ102mm
厚さ13.9mm(本体部)
※Joyコンのスティック等含めた最大の厚みは28.4mm

出先でジョイコンの着脱は面倒だと考えているので、ジョイコン装着時の最大サイズを想定して検証していってみます。

iPad miniサイズのケース

Nexus7と比較(青色ソフトケース)
まずは、iPad miniが入るとうたわれているケース。

各100円ショップによって種類はいろいろあると思いますが、わりとよく見かけるファスナー式のソフトケースをピックアップ。

iPadは持っていないので、7インチタブレットのNexus7を引き合いに出しますが、Nexus7がギリギリ入るケースだと、どう見てもSwitchは入りそうにありません。

iPadサイズのケース

Nexus7と比較(赤色ソフトケース)
次に、iPadが入るとうたわれているケース。

ケース寸法を測ると、Switchの幅より数ミリ大きめなのですが、やっつけSwitchではファスナー入り口を通すことが出来ませんでした。

実際のSwitchは角が取れて丸くなっているので、もしかしたら強引に押し切ることは出来るかもしれませんが、ジョイコンの厚み(約3センチ)も考えると、毎度ケース出し入れに苦戦しそうな気がします。

これよりも大きいソフトケース(A4サイズ)になると余裕で入るのですが、かなりブカブカ感が出てしまいます。Switchを入れた上でケースを半分に折って使うことが許容できるならブカブカケースもありですね。

ダイソーのトラベルポーチ

トラベルポーチ
最後はダイソーで買って来たトラベルポーチ。

寸法はSwitchの幅より2センチも短いのですが、そこは厚み(6.5センチ)が吸収してくれるのではないかと予想。

やっつけSwitchを入れてみたところ、
トラベルポーチにSwitchを収納
おお、バッチリ入った!

ファスナーも問題無くしまりました。

ちなみに、やっつけSwitchの厚みは実物より多めの18mmで作ってますが、これがもう1枚くらい入りそうな余裕はあるので、ジョイコンのスティックの出っ張りも吸収できるはず。

現状Switchの特殊なサイズに近い百均ケースという点では貴重な存在だと感じました。

難点があるとすれば、ケースが薄手な点(ポリエステル100%)。防御力を高めるために、内側に何らかのクッション材を入れたほうが良いでしょう。

ただ、最低限カバンの中で他のものに触れなければ良く、かつ、できるだけ重さを節約したい人なら、薄手であることはメリットにもなります。

欲を言えばゲームカード等を収めるミニポケットもあれば良かったですが、上を求めるならやっぱり任天堂公式のケースが一番ってことになりますね。

原寸大のやっつけSwitchで大きさ比較!意外と小さいサイズ感に驚く
任天堂の新ゲーム機「Switch」の発売が待ちきれず、公式サイトの寸法を参考に原寸大Switchを作ってみました。ダンボール製に...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 + = 十一

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>