まるで夫婦漫才!癒やしの新次郎、不穏の白ヘビ「あさが来た」2週間の感想


朝ドラ「あさが来た」が始まってから2週間が経ちました。

達者な子役が1週間でお役御免になってしまったのは、朝ドラの伝統とはいえちょっぴり寂しかったですが、”あさ”も”はつ”ももう結婚!

このテンポの良さも心地良くて、今のところなかなか楽しめてます。

特に今日のあさの結婚式を見て思わず顔がニヤニヤ。

新郎の新次郎が(漢字が似ててヤヤコシイ…)結婚式の日取りをスッポリ忘れて大遅刻!という場面から始まりましたが、そこでのやりとりが実に素晴らしい。

ツノも生えるわ!

結婚式での掛け合いがいちいち素晴らしかったですね。

大遅刻の新郎を待つ間、お付きの”うめ”とのやり取り

あさ「(頭を指差して)これもう外してええやろか?」
うめ「何を言うてはりますのや。角隠しを取ったらツノが見えてしまいます」
あさ「ツノも生えるわ。嫁入りに来てダンナ様がいてはらへんなんて!」

うーん、このやり取り、二人の演技力も手伝って良い!何度も巻き戻して見てしまった。

まるで夫婦漫才!

遅れた新郎、結婚式へようやく登場。

新次郎「あさちゃん。よう、わてのとこにお嫁に来てくれはりましたな。今日はまたエライべっぴんさんやこと」

あさ(目を見開いてハッとした表情)

うめ「え、ツノ消えたんちゃいます?」
あさ「えっ!? き、消えしまへん!(照)」

さっきのツノが生えるのくだりからの見事な受け!

とどめに遅刻した新郎に小言。

あさ「気ぃつけておくれやす」
新次郎「よっしゃ!もう二度と祝言の日に遅れたりせーへん」
あさ「祝言の日はもう二度とございません!」
新次郎「せやな」

うーん、極上の夫婦漫才だ。楽しすぎる。

アホボンだけど不安感はゼロ

あさのダンナ様、新次郎は両替屋の次男坊。

家を継ぐことは考えず、普段から三味線弾いたり遊んでばかり。

人たらしの才能はお持ちのようで、パチパチはん(そろばん)をプレゼントしたり「赤ちゃんの頃から見てたで」発言で少女時代のあさのハートをガッチリ掴み、結婚式では先の「べっぴんさん」発言でさらにわしづかみ。

もし自分が女だとしても、こういうリアクションしてくれる男なら一発でホレるんじゃないかなぁ、と思わせる魅力十分ですね、玉木宏演じる新次郎はん。ええ男やわー。(ただの女たらしかもしれんけど!)

でも遊び人のアホボン。将来的には不安はあるけど、不安も華麗に受け流して毎日が楽しく過ごせるよ新次郎はんとなら。でも、それは姉”はつ”の先行きと比べちゃうからなのかもしれません。

「純情きらり」がよぎる、はつの結婚生活

一方、姉の”はつ”は不幸要素ムンムン。

特に宮崎あおいが演じているので、かつての朝ドラ「純情きらり※」が思い出されてしょうがないです。※宮崎あおいがヒロイン

「純情きらり」では、宮崎あおいの姉(井川遥)がキモチワルイ旦那(河原さん=池田鉄洋)にDVを受ける極めて鬱な展開が繰り広げられていました。

はつの夫、白ヘビこと惣兵衛(柄本佑)も池田鉄洋ばりに冷酷な役を、これ以上無いほど好演されているので、「純情きらり」の再来を感じずにはいられません。姑の嫁いびりも始まりそうだしね。

そういう対比があるからこそ話に深みも出てくるし、あさの結婚がより安心して見ていられる部分はあるのも事実。でも白ヘビはん、あまりエスカレートなさいませぬように…。

今週は2度目の山本耕史が楽しみ

それはそれとして、今週は二度目の「新選組!」副長を演じる山本耕史も出てくるし、そこはとても楽しみ!

でも、先週の予告で土方歳三の周りのキャストが大河と違いすぎてほんのり…いや、かなり違和感もあるんですけどね!

鈴木梨央と玉木宏は11歳差のカップル、朝ドラ「あさが来た」第1話感想
NHKの新しい連続テレビ小説「あさが来た」、本日はじまりました。第1話見ましたがなかなか好感触。本編と合わせて、これまで...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 − 7 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>