(Z)キハ52ボディが付録の「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」36号をゲット!

週刊昭和にっぽん鉄道ジオラマ36号
本日発売、デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第36号がAmazonより到着。

この36号と37号の2回分を買えば、Zゲージのキハ52形が完成するってことですかさず予約していました。

パッケージを開けた様子が上の画像。本誌薄っ!

今回の付録はキハ52のボディとその他諸々ありますが、やはり注目はキハ52。

キハ52サイド
サイドビュー。

さらにクローズアップ、
キハ52 125
車番はキハ52 125。

JR時代晩年は大糸線で過ごし、今はいすみ鉄道に移籍している車両ですね。

本家ロクハンから市販されていたものは「キハ52 137」でした。

ロクハン純正品では車番以外の所属表記なども書かれていましたが、付録製品ではそれらが省略されているのがやや残念。

キハ52ご尊顔
キハ52ご尊顔。

両運転台なので前・後ろともに。

おデコの赤ラインの塗り分けの乱れが惜しいですが、Nゲージよりもさらに小さいサイズ(1/150→ 1/220)。鉄コレでもこれより酷いものがあることを考えれば健闘しているほうかも。

下部塗り分けと側面はなかなかキレイに塗装されています。

キハ52ライト準備も確認
内側から覗いてライト準備も確認。

次号の付録の下回り(動力付き)にライトユニットが搭載されていれば光りそうですが、公式サイトの小さい画像を見る限りそれが無さそうなんですよね。

点灯すればラッキーくらいに思って待ちましょう。

キハ52ボディ以外の付録は、ジオラマ外枠3個と橋脚1個、それと
LED電源ユニット
(ジオラマ照明LED用の)電源パーツと延長コードが付属していました。

単3電池4本入る電池ボックス。

Zのジオラマを作る予定はありませんが、これは他の何かに流用できるかも。
 
次週5/31発売の第37号でキハ52は完成。すでに36号はAmazon等で品切れになっていますが、近くの書店で注文すればまだ手に入る可能性もあるので、気になる方は書店へGO!そして37号もすぐに無くなると思われるので予約はお早めに。

走行性能すこぶる良好!Zゲージのキハ52形完成/昭和にっぽん鉄道ジオラマ第37号
本日発売、デアゴスティーニ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」第37号がAmazonより到着。今週号の付録は、キハ52の下回り(動力ユニ...
(Z)キハ52形がついに付録に!「昭和にっぽん 鉄道ジオラマ」36号&37号は要チェック!
昨年2015年9月に発刊した週刊「昭和にっぽん 鉄道ジオラマ」。最近は店頭に並ばなくなった書店もあるので、もう忘れている方も多い...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 一 = 5

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>