秀逸すぎる造形なのにシールが鬼!Bトレ885系白いソニックをゲット!

Bトレ885系2次車パッケージ
Bトレインショーティー885系(2次車)を買ってきました。

AセットBセットそれぞれ1つずつ購入。JR九州で「ソニック」や「かもめ」として走っている特急電車です。

885系は1次車のほうが好みなので発売時はスルーしたものの、ほんのり欲しいなと思う気持ちは低空飛行的にずっと続いていました。

そんな折、2日前に三宮のジョーシンで税込864円というセール価格に出会ってしまったが最後。これは手ぶらで帰るわけにはまいりません。

ちょっと古い製品なのでレビューもあっさりめでザッとご紹介してみます。

流線型の美しさを損なわない秀逸なパーツ分割

パーツの分割構成も自然!
パーツの合いもかなり良好で、接続も固すぎずゆるすぎず理想的なあんばい。

特筆すべき点は先頭車のパーツ分割の美しさ。

Bトレだとどうしても顔パーツの継ぎ目が目立ちがち。とくに流線型の車両だと横から見た時にパーティングラインがクッキリ分かってしまうのがカッコ悪かったりするのですが、885系は屋根+顔が一体型となっているためかなり自然な仕上がりになります。

とどめにフタをするように差し込むボンネット。

Bトレ新幹線500系に並ぶパーツ分割の秀逸っぷりですね。これは素晴らしい。

特徴的な窓割りの差異を余すところなく再現

車体ごとの構造の差異も余すところなく再現!
2つのセット構成に分けることで、車両ごとに窓割り等が異なるJR九州車両の凝った造りも再現されているのが嬉しいです。

屋根上のメタリックシルバーの輝きもほどよく高級感を感じさせてくれます。 

Bトレ885系2次車ナナメビュー
完成外観ナナメビュー。

が、何か物足りない。実車はこんなにノッペラボーじゃない。

九州特急といえば車体にズラっと並ぶレタリングやロゴの数々が特徴的。

そう正確にはまだ完成していません。ただ組んだだけで、シールは未貼付。というのも…。

圧倒的物量のシールを前にして尻込み…!

大面積のシールに尻込み…
造形は個人的に非の打ち所の無いBトレ885系。

なのですが、シールがヤバイ!

いつものBトレの3倍以上はある大面積のシールを見た瞬間、背筋が寒くなりましたよ。

少しで良いから車体に印刷してくれれば良かったのに。

と当然のように思いましたが、ソニックバージョン、アラウンド・ザ・九州バージョンの2つのパターンを作り分けられるように(シールも両方分あり)とのバンダイさんの親心なんでしょうか。

普段のBトレはシールをある程度貼ってからブログアップしているのですが、この885系はシール全貼りを待ってたら何ヶ月かかるか分からないので不本意ながら真っ白なままの姿でアップ。

気長にチマチマ進めていきたいけど途中で挫折しそうだなぁ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 七 = 28

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>