半永久的に無敵!? フェアリースキル使い放題のウラ技/3DSゼルダ無双

3DSゼルダ無双フェアリーレンタルスキル
3DS「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」の新要素マイフェアリー。

最初はあまりピンとこなかった妖精さんたちでしたが、うまく付き合っていくと結構な破壊力を持っていることがわかって、今では撃破数稼ぎの大切なお供。

ただでさえ強力なマイフェアリー、一度の戦闘で多くても3回くらいしか使えない「レンタルスキル」が回数無制限で使えるようになるウラ技があるんだとか!

ウラ技を使えば無敵系スキルですら何度も使いまくることが可能!というとんでも性能を発揮してくれますが、そのやり方をこっそりご紹介。

ただ、いわゆるバグを利用した技。そう遠くない未来にアップデートで潰される可能性大なので、試すなら今のうちに。

【追記2016/3/4】
3/25のアップデートで修正されることが明らかになりました。難関面のS取得はお早めに!

メドリ参戦!有料DLCの配信も決定、しかしフェアリーバグはさようなら…/3DSゼルダ無双
全キャラ開放した後の3DS「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」のキャラクターセレクト画面。右下、ハイラル王の下にポツンと1枠だけ...

レンタルスキル発動直後に右下タッチ

下画面の右下、アイテムアイコンをタッチ
まず、下画面の右下のアイテムアイコン(デフォルトは爆弾)をタッチ。
 
下画面。左上からフェアリーのレンタルスキルをえらぶ
下画面、左上エリアにあるレンタルスキルからお好みのものをタッチ。
 
下画面、アイテムアイコンがフェアリースキルになっていることを確認
下画面、右下のアイテムアイコンがレンタルスキル(妖精マーク)に変わっていることを確認。

ここからが本番。 
Rボタンを押して、すぐさま右下アイコンをタッチ!
Rボタンを押したら(レンタルスキルを発動したら)、即座に右下のアイテムアイコンをタッチします。

フェアリースキル以外ならどれでも良いのでタッチ
下画面、レンタルスキル以外のアイコンならどれでも良いのでタッチ(バクダンや弓矢など)。
 
下画面でフェアリースキルが消費されていなければ成功
すると、上画面で発動中のスキル名が表示されていますが(例では「絶対水壁」)、もう一度右下のアイテムアイコンを押してみてレンタルスキルが消えていなければ成功です。

これを繰り返せば同じスキルを何度でも使うことができます。

おすすめレンタルスキル

ウラ技と組み合わせることで凶悪なバランスブレイカーになるレンタルスキルを2つご紹介。
絶対水壁
バリアが発生してダメージを受けなくなる「絶対水壁」。

敵のダメージをある程度食らうまでは消えないバリアを張ることができます。先のウラ技と合わせたらほぼ永久バリア。ただしバリアの耐久力を大きく超えるダメージを食らうとその分ハートは減るので、スリリングバトルではほぼ無効。

絶対水壁は「にこにこ」「ぴかぴか」「かっこよさ」の3つのパラメータを100程度に上げると習得することができますが、”裏”冒険マップのスタート地点から右へ3~4マス進めたあたりで手に入る妖精(水属性)が初期状態で覚えています。

無敵の代償
無敵状態になる代わりに攻撃力が減少する「無敵の代償」。

大きなダメージを食らってもハートは減らない、まさに無敵状態になれますが効き目は数秒程度しか持続しません。ウラ技も何度もかけ直す必要があるのでけっこう面倒くさいですが、「どうしてもスリリングバトルでSが取れない!」って人には効果的。

メドリ参戦!有料DLCの配信も決定、しかしフェアリーバグはさようなら…/3DSゼルダ無双
全キャラ開放した後の3DS「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」のキャラクターセレクト画面。右下、ハイラル王の下にポツンと1枠だけ...
デデデデーン♪Wii U版にも負けない爽快感に激ハマり!3DS「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」レビュー
3DS「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」発売から約1ヶ月。寝る間も惜しんで布団の中で遊んじゃうゲームは久々!ってくらい...
毎日amiiboを使うとレア素材が貰えるかも?/3DSゼルダ無双
3DS「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」はamiibo(アミーボ)対応!なのですが、公式サイトでもあまりプッシュされていない...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


五 × 9 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>