念願の電車部屋を とび森amiibo+で作ってみた

3DS「とびだせ どうぶつの森amiibo+」。

大型アップデートされて、新規家具が大量に投入されましたが、なんと、電車っぽい部屋が作れる家具も少々追加されているではありませんか!
とび森、でんしゃ部屋(4x4)2
早速、村長宅に通勤電車のロングシートを再現。

とび森、でんしゃ部屋(6x6)2
さらにクロスシート部屋も。

実はアップデート前にも電車っぽい部屋を作ろうと色々試していたことがあったんですが、既存のソファではなかなか電車感が出せず断念していました。

念願だった電車部屋がお手軽に再現!

それだけに電車家具は今回のアップデートで個人的に良かった点ベスト3に入るかも?

新たに追加された電車家具は、
でんしゃのイス
でんしゃのイス」や

つりかわ
つりかわ」など。

イスだけでなく、(壁掛け家具として)吊り革も用意されてることに感動。

電車といえば みしらぬネコ

ただ、これらの家具は別途amiiboを用意する必要があるのがネック。

「ぬぅぅ、これが任天堂式の課金か!」と唸りつつも、ネットや攻略本で調べたところ電車の家具を手に入れる手段は「みしらぬネコ」のamiiboを使うしか無かったので、あえなく陥落。

※これら電車家具は、2016年12月現在では対応するamiibo+カードも無く、パニーの日替わりおみやげコーナーにも並ばないようです(ニンドリ攻略本で確認)。

みしらぬネコamiiboは、パネポンのふるさとチケット稼ぎでそこそこ使えるので良いんですけどね(能力はたぬきちamiiboより少し劣ります)。

ふるさとチケット荒稼ぎ奥義、パネポン&たぬきちamiiboでガッポリ!/とびだせどうぶつの森
アップデート後の「とびだせ どうぶつの森amiibo+」では、「ふるさとチケット」なる新しいギフト券が導入されました。ふるさとチ...

みしらぬネコamiibo
ゆうたろうの魔法のランプに、みしらぬネコをタッチ。

下画面から「たまには休んだら」を選ぶと、
みしらぬネコのキャンピングカー
みしらぬネコのキャンピングカー(右のクルマ)がオートキャンプ場へやってきます。

ちなみに、みしらぬネコはamiiboカードにも存在しますが、オートキャンプ場に呼べるのはフィギュアamiiboだけなので注意。

(みしらぬネコを休ませたら、新規プレイヤーを作った時にオープニングの電車でゆうたろうが出てくるんだろうか?)

みしらぬネコのキャンピングカー内部
キャンピングカーに乗り込んで、先ほどの家具を注文(ふるさとチケット3枚と交換)。

「でんしゃのイス」「つりかわ」の他に、
しゃそうのかべ
壁紙の「しゃそうのかべ

がっこうのろうか
じゅうたんの「がっこうのろうかのゆか

もラインナップされてるのでこれらも合わせて注文。

学校グッズと共用の「がっこうのろうかのゆか」ですが、敷いてみるとこの筋模様が電車感たっぷり!筋の方向はできれば電車の長辺に合わせたい。

ただ、キャンピングカー家具は1日3つまでしか注文できないのがネック。

特にでんしゃのイス&つりかわは大量に欲しいので。パネポンでふるさとチケットを稼ぎながら、サブ村民と合わせても3日くらいかかりましたよ。

ちなみに、みしらぬネコamiiboでは電車家具の他に、ぎんぶちミニテーブル・スーツケース・ノートパソコン・ブックバンド・ボストンバッグ・みしらぬネコのトランク が注文できます。

イスの色はリメイクできる

電車家具で「でんしゃのイス」が唯一リメイク対象。
でんしゃのイスはリメイク可能
もちろん、リメイクできるのは座面の色。320ベルでカイゾーが請け負ってくれます。

でんしゃのイス全6色
座面の色は、レッド(初期)、グリーン、ブルー、ブラウン、パープル、グレーの全6種類。

こうして並べてみると、いろんな車両が浮かんできますね。

私は迷わずグリーンにリメイク。関西私鉄風味たっぷりだし風水にも効果的。

レイアウト例

最後に実際に部屋にレイアウトした様子をご紹介。

4×4部屋

とび森、でんしゃ部屋(4x4)2
まず、4×4部屋でロングシート車を再現。

拡張前の一番狭い部屋ですが、対面したロングシートと吊り革の間隔が一番しっくり来る(現実の電車っぽく見える)のが4×4でした。

コンパクトすぎる感はあるので、欲を言えば4×8みたいな細長い部屋も作れたら良いのになぁ。

使った家具は次のとおり。

  • でんしゃのイス…4個
  • つりかわ…4個
  • しゃそうのかべ…1枚
  • がっこうのろうか…1枚
  • ボストンバッグ…1個
  • おふろマット…1枚

おふろマットはリメイク(ブルー)して、床の機器上のフタっぽさを再現。カバン系家具を置くと、床に置いた荷物感が出るのが○。でも網棚に載せられないのが惜しい!

6×6部屋

とび森、でんしゃ部屋(6x6)1
一段階拡張した6×6部屋でクロスシート車を再現。

固定ボックスシートな雰囲気になるので、グリーンよりも赤や青のほうが国鉄感がより醸し出せるかもしれない。

一席だけ赤いのは優先座席風味。(単にリメイクし忘れただけとも)

6×6部屋でロングシート車にすると通路がかなり間延びするので、6×6部屋ならクロス車のほうがシックリきますね。

ただ、3+3シートなので、現実の新幹線(3+2)よりも広い電車ってことになりますが、電車っぽい雰囲気を味わうならこれもあり。吊り革がどう頑張っても立ってる人から届きそうにないのはご愛敬。

使った家具は次のとおり。

  • でんしゃのイス…8個
  • つりかわ…6個
  • しゃそうのかべ…1枚
  • がっこうのろうか…1枚
  • おふろマット…1枚

車端部に「かべのでんこうけいじばん」を掲げても面白いかも。

8×8部屋は…

最大拡張の8×8部屋はスイマセン、試していません。

6×6部屋の時点でかなり広々空間なので、8×8だと間延びしすぎて電車っぽく無くなりそうだと感じたので。

ただ、「電車の車内を模した喫茶店」のようなアレンジ空間を作ってみるならば、8×8部屋も面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 三 = 24

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>