懐かしのV字塗装、EF66 20をコンテナダンボー牽引機として入線させた

TOMIX EF66-20電気機関車スーパーライナー
今日は6月6日。そう、EF66の日。

…と、誰が始めたのかは知らないけれど、ツイッターで日付の語呂合わせハッシュタグで盛り上がってるのはよく見かけますね。

そんなEF66ネタを1つ。

TOMIXのEF66形電気機関車スーパーライナー(品番2159)を中古で購入。実は去年の終わり頃にすでに入手していたものの、紹介する機会を逃していたので #EF66の日 に乗じて!

1台限りの大胆なイメチェン

EF66-20真横から
JR発足直後あたりに登場したこのクリームベースの塗装は、それまでのEF66オリジナルカラーを知っている人にとっては、もの凄く大胆なイメチェンに感じられたはず。

当時、中高生だった私も、初めてこの色を見た時の衝撃は今でも忘れられません。

「なんじゃこりゃあ!」と思いつつも「い・・・意外とカッコイイ!(ポッ)」。

賛否両論あると思いますが、個人的には かなりツボなデザインでした。

20号機をカッコイイ!と思う一方で横に「JR」がドーンとでっかく描かれてる点だけは正直ダサイなぁと思ってましたけどね。

JR発足からしばらくの間は、新社名を覚えて欲しい一心からか、とにかくドデカいJRマークを貼り付けた車両が多かったです。

出会ったらお祭り状態

ただ、このカラーは試験塗装で、施されたのはこの20号機たった1両のみ。

出会えるかどうかもドクターイエローのように運次第だったので、走ってるのを見かけた時はすごく興奮しましたね。

(もちろん当時はネットが無かったので、出現情報をツイッターで共有なんてのは夢のまた夢)

当時、偶然撮れた写真がコチラ。
EF66105 EF6620
・・・って、先頭は100番代という、ココで紹介するには中途半端な写真なんですけども(コレしか残ってなかったので)、重連の後ろに隠れているのが分かると思います。

年はおそらく1989年~90年代はじめ頃。

場所は、当時住んでた家から近かった灘の貨物線(神戸臨港線)。今はもう廃止されちゃいましたけど、休日の朝はよくここに通って珍しい貨物が通るのを楽しみにしていました。

この重連がやって来た時、私のアタマの中はお祭り状態だったに違いありません。

造形の完成度は電気機関車中ピカイチ

EF66の鋭い先頭シルエット
20号機に限らず EF66って造形デザイン、特に先頭のシルエットは今見てもほれぼれするデザイン!

流線型ぎみのシュッとした顔立ち、特急電車のような前面窓、ナンバープレート周りに施された黄金のエンブレム、ライトとライトの間をつなぐシルバーの飾り帯などなど、子供が「カッコイイ!」と感じる要素がてんこ盛り。

21世紀の今でも十分通用するカッコ良さだとオジサン的には感じるのですが、今の若い世代ならEF510やEF210辺りのほうが良いと感じちゃうのかしら。

TOMIXのEF66は(特急色の塗り分け部で)パーツ分割のラインが見えちゃうのがちょっとアレですけども、そこはいつも意識しないように心がけてますよ!

そしてコンテナダンボー牽引機になる

前置き長めでしたがコレが本題。

去年秋からチマチマ集めてきたガチャ玩具「コンテナダンボー」。そしてTOMIXのコキ102/103を買ったは良いものの、それを引く機関車が不在でした。
ダンボー専用機として活躍中
色物には色物が良く似合う。

ってことで、若い頃諦めていた EF66 20を今になって思い出して指名買い。

廃盤商品なのでヤフオクの中古品を約2,000円でご落札(平均相場がこんなもんです)。中古とはいえ下手な鉄コレより安いじゃないか。

恐れ多くて箱のまま眠らせがちな新品と違って、気安く触れるのも中古の良さ。

走行性能も良好で、手元でガンガン走らせてお祭りモード発動中な日々です。

コンテナダンボー2をゲット!双子ミニから長物まで多彩な顔ぶれ全6種類
ガチャアイテムの「コンテナダンボー」第2弾が発売!通販で予約していた大人買いセットが到着したので、前回の第1弾に続いてザッとご紹...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>