アンチョビットゲームズの本棚に「鉄道ファン」風の雑誌が!/スプラトゥーン

アンチョビットゲームズ(ニュースで紹介中)
Wii Uのゲーム「スプラトゥーン」の大規模なアップデートもこの1月で最後。

5月の発売からいくつものステージが追加されてきましたが、そのトリを務めたのがこの「アンチョビットゲームズ」。ゲーム開発会社をモチーフにしたステージとのこと。

ちょっぴり探検してみましょう。

アンチョビットゲームズ入り口
アンチョビットゲームズ入り口。

鉄骨むき出しのえらく高い天井が印象的。このだだっ広すぎる空間は、個人的には開発作業しにくそうに思えるけれども。

個室の開発部屋も…机の上にはシオカラーズamiibo?
ちゃんと個室も用意されてるので、(おそらく)重要なポジションにいる開発者なら快適に作業できそう。

しかしこの人、単なるシオカラーズマニアではないか?

机の上にあるのはシオカラーズamiiboか!?

開発者の机の脇には本棚も
その他大勢の開発者はだだっ広い空間の下にデスクが用意されている。

本棚にはどこかで見たことあるような雑誌もチラホラ。右上はニンドリ(ニンテンドードリーム)かしら。

こっちにも本棚があるが…よく見ると
同じデスクの左側にも本棚が。

ん、よく見ると、
鉄道雑誌が!
鉄道雑誌も置いてある!

 
しかしこの雑誌の表紙デザイン、レイアウトって…
鉄道ファン2000年1月号
「鉄道ファン」にそっくりじゃないですか!

イカの世界にも鉄オタがわんさといるってことが分かって、人間の鉄オタとしてもちょっぴり嬉しいぞ。

ちなみに、
スプラトゥーン電車(グリーン)
コレがスプラトゥーンのハイカラシティを走ってるおなじみの電車。

雑誌の電車とは顔が違うので、
鉄道雑誌が!
イカ世界の鉄道にも複数の形式があることが判明。

側面、前面ともに塗り分けのルールが同一なので、同じ路線を走っている電車の旧型あるいは新型車かもしれません。

日本でいうところの209系、E231系、E233系あたりの通勤・近郊タイプの電車に似ているので、ハイカラシティだけでなくどの地方でも多く見かける汎用的な車両なのかもしれません。

初めてスプラトゥーンをプレイして電車を見つけては、ブログでいろいろ紹介しましたが、最後の最後にこういった形で新しい電車に出会えるとは!

スプラトゥーン電車のラインカラーは色とりどり!総武、中央、山手線!?
スプラトゥーンの電車、起動する度に(対戦から抜ける度に)色が変わって「おや?」と思いましたが、プレイヤーの髪やインクの色も遊ぶ度に変わるし、...
京都駅じゃなイカ!? スプラトゥーン鉄道ステージを探検
最初の広場に「E231系みたいな電車がいるぞ!」と先日喜んでいたら、一人用のヒーローモードにも鉄道モチーフがバリバリ使われたステージを発見。...
 
ところで、このアンチョビットゲームズ、
アンチョビットゲームズ(プロペラ)
あちこちにあるプロペラにインクを当てると、床が上昇したり移動したりのギミックがあってなかなか楽しいです。

対戦中、他のプレイヤーに着いていって一緒に乗ろうとしたら、間に合わず落っこちたことも良い思い出!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


一 × = 3

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>