意外と本格的!? スマホ版どうぶつの森「ポケ森」11月下旬配信!

出るぞ出るぞと情報はあったものの、なかなか出てこなかったスマートフォン版「どうぶつの森」の姿がようやくお目見え!

本日、動画配信されたスマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25で全貌が明らかになりました。


タイトルは「どうぶつの森ポケットキャンプ」。

キャラも背景もグラフィックがほぼ3DSの「とびだせ どうぶつの森」だし、結構グリグリ動くし、思ってた以上にどうぶつの森してるなぁ!

舞台はキャンプ場

タイトル通り、舞台となるのはキャンプ場。

ユーザーは村長ではなく、管理人というポジション。

森の中や海辺など、いくつかあるキャンプ場に家具などを飾ってにぎやかにしていくゲーム。

なのですが、屋外に普通のソファやテーブルを配置してる様子が結構シュール!

このゲームのキャンプ場は、テントやキャンプファイヤーがある普通のイメージよりも、屋根の無い家と思えば良いのかもしれない。

雨男としては空が心配で仕方ないですが、きっとスマホ版ポケ森は雨が降らないやさしい世界なんだろう。

家具はたぬきち商店で買うのでは無く、素材を集めて作るシステム。

素材は住人のお願いを叶えたりすれば貰える仕組み。

願いを叶えるために木を揺すったりサカナ釣りをしたり。うん、この辺りはどうぶつの森っぽい。

でも、釣り竿の他に「投網」があるのはホホーッ!と感心。一気にサカナを捕まえるのは楽しそう。

課金はゆるやかかも?

スマホ版ってことで、心配なのが課金。

今作では「オブジェ」と呼ばれる大きめの建造物が作れます(3DS版でいう公共事業的なもの)。

オブジェを作ると、建設時間が数十時間単位かかるものもあるようですが、その時間短縮に使えるのが「リーフチケット」なるアイテム。ココが課金要素ですね。

動画にチラっと写った価格表では、リーフチケット20枚で120円、100枚で480円などなど。

オブジェの完成はまったり待てば良いじゃない。と思える人なら無課金でも十分遊べそうな予感。

ただ、フレンドのキャンプ場を覗けたりするので、対抗意識をメラメラと燃やしちゃう方なら「アイツよりももっとゴージャスなオブジェを建てたい」と獣課金…いや重課金に陥るかも!?

この辺りは実際触ってみないと何とも言えませんが、私は無課金でノンビリ遊ぶつもりです。

しこたま集めたamiiboカードが使えたら嬉しいんですけど(←ココには課金してた人)、世のスマホの多くはNFCに対応してない以上やむなし。くぅ~、フランソワとか呼んでみたかったぜ。

おわりに

はじめにも書きましたが、動画を見る限り思ってた以上にしっかり作られてますね。おい森・とび森でハマった身としては是非とも触ってみたい。

3DSのスピンオフ作品「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」っぽくもあるなぁとも思いました。(←コッチは未プレイ)

課金するか否かは個人の裁量次第ですが、それ以上に心配なのがロード時間。

任天堂のスマホゲーム第一弾のMiitomoは、起動時間がえらく長かったので次第に起動しなくなりました。

ファイアーエムブレムヒーローズ、スーパーマリオランくらいであれば納得できる範囲かなぁと思いますが、コンシューマー(携帯ゲーム機)なら待てる時間でも、スマホだと「長い!」って感じちゃいますからね。

とにもかくにも、配信される11月下旬が待ち遠しい。

おっと、その前にもうじき発売のスーパーマリオオデッセイからだ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>