ミニ化の流れはついにPS1にも!プレイステーションクラシック12月3日発売!


小さくなった「プレイステーション」に懐かしの20作品内蔵。「プレイステーション クラシック」12月3日発売(PlayStation Blog)

ひぃぇぇ!

ミニファミコンが作った小型ハード化の流れはついにソニーのプレステにも波及!

9,980円(+税)で
2018年12月3日(月)発売予定(数量限定)。

いち、に、さん!のCMが印象的だったオリジナルと同じ発売日を設定してくるあたりソニーもニクいですね。

全20タイトル収録で、現時点で公表されているのが次の5本。

  • R4 RIDGE RACER TYPE 4
  • JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
  • 鉄拳3
  • ファイナルファンタジーVII インターナショナル
  • ワイルドアームズ

良いチョイスですね。
ワイルドアームズ以外全部持ってました。

良ゲーからクソゲーまで膨大な数のゲームが発売された初代PSから、残り15本を絞りきるのは至難の業でしょう。

「PS1を代表する」ならパラッパラッパー、グランツーリスモ2あたりも堅そうです。

が、両者とも版権絡みなので(前者JASRAC、後者は多数の自動車メーカー)その辺りのクリア次第でしょうね。後者はしんどいかな。

ここ最近出たミニハード群を改めて振り返ると、

  • 2016年11月 ファミコン
  • 2017年10月 スーパーファミコン
  • 2018年02月 電車でGO! PLUG & PLAY
  • 2018年07月 ファミコン(ジャンプ版/黄金)
  • 2018年07月 ネオジオ(筐体のミニ化)
  • 2018年12月 プレイステーション(初代)
  • 2019年以降 メガドライブ

※長い正式名称が多いので適当な略称で失礼。
※電車でGO!の場違い感はご容赦をば。

全部買ったらHDMI端子の数、足りないどころの話じゃないですね。(ミニとはいえ箱保存となると置き場の確保も…!)

これだけ歴代ハードが出て来て足りないのは、そう、PCエンジンミニ!

Huカードだけだと寂しいので、CD-ROM2も遊べたDuo-Rミニでいかがでしょう、NECさん…じゃなくてハドソンさん…じゃなくて…コ、KONAMIさん。

PCエンジンは他ハードと違って権利の経緯が面倒だし、主に握ってるのがKONAMIさんだから可能性がきわめて低そうと分かってても、敢えて希望したい!Duo-Rミニ!

でも個人的に心から切望しているのはMSXミニ!(こっちも権利的にバリエーション的にと色々面倒ですが!)

おっと脱線しまくりましたが、最後にPS1に戻して…。

プレステ1は歴代PSハード中、本体の形が個人的に一番好きなので(「丸」で構成されてる愛らしさ)、オブジェとして欲しい気持ちはありますが、なにぶん秋冬は出費が激しいので…ジックリ考えるとしましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. クモハ40 より:

    管理人様こんにちは。 
    プレステ1懐かしいですね!このゲージ機が販売された時は未来感がきた~と当時感じました。任天堂のゲーム時代はソフトはカード型式、ソニーのプレステ1はCDロムとゲームのソフトが変わった時の驚きと興奮は今でも覚えています。プレステ1でよく遊んだゲームはファイナルファンタジーと電車でGO!ですね!特に電車でGO!はかなりゲームやり込みました。電ゴウで特に好きだったのが電車でGO名鉄編です。このゲームで名鉄電車のこといろいろ知ることが出来ました。当時のプレステ1のゲームソフトまだ持っています。ミニの今度発売のプレステ1でも昔のソフト使えたら嬉しいですが!この調子でプレステ2も復刻販売して欲しいですね!特に電車でGO山陽新幹線編のソフトとマスコン運転機器持っていますので!。

    • ひらら より:

      ▼クモハ40さん
      電車でGO!シリーズは私もよく遊びましたが、
      名鉄編はなぜだか縁が無かったですね。
      今思えばどうして買わなかったんだと後悔してます(^_^;

      ミニシリーズはあらかじめ決められたソフトで固定されてるので、
      残念ながら手持ちのソフトは使えないんです。
      SDカード等でROM切り換えのシステムがあれば
      幅が広がって面白いんですけどね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>