元祖VR? 「バーチャレーシング」をゲット!今でも楽しい本格3Dポリゴンゲームの先駆け

SEGA AGESバーチャレーシング(タイトル)
ニンテンドーSwitchで発売された「バーチャレーシング(V.R.)」を購入しました。

セガの懐かしいゲームをSwitchで復刻するプロジェクト「SEGA AGES(セガエイジス)」シリーズの1つ。

元祖VR? と思わずタイトルに書いてしまいましたが、ゴメンナサイ、そもそも今でいうVRとはまったく別物ですね。

1992年にゲームセンターで登場した3DCGのレースゲーム。SEGA AGESバーチャレーシング(レース画面)カクカクな生ポリゴンで構築された映像は今となっては逆に新鮮!

3Dゲームが一般的に広まっていくのが、初代PlayStationが発売された1994年以降なので、当時はじめて見たときは「なんか凄いのが来たな!」と未来感に包まれたのを覚えています。

ゲーセンで何度かプレイしましたが、3Dゲームというものに触れたのも初めてなので、なかなか上手く操作できず、途中でゲームオーバーになってばかりでした。

無制限に遊べるSwitchならあの日の屈辱を晴らせる!
表彰式・SEGA AGESバーチャレーシング
ってことで、初めて1位通過でエンディングを見ることが出来ました。(初級コースですが)

人間もすごくポリポリしてる!

こんな画面だったんだとちょっと感動。

画面は原始的なCGですが、いざ遊んでみると今でも十分通用する良く出来たレースゲームです。

1レース3~4分ほどで終わるので、ついつい何度も遊んでます。

Switch版は、60fps化&高解像度化されていますが、思い出補正がとてもうまく埋められてる良移植だと感じました。

オリジナルの30fps版は収録されていませんが、もしあったとしても60fpsばかり選んでると思います。

ランキング
オンラインランキングにも対応。

この手のランキングの上位陣は世界レコード級なので、ハナからトップを目指す気は無いですが、みんなのリプレイが保存されているのは凄く良いですね。

レースゲームは上手い人のリプレイが面白いのです。

タイムを縮めるには、ライン取りやアクセルをゆるめるタイミングが重要なので(ハンドル・ボタンの入力状況も逐一記録されている)、すごく勉強になるのです。

トップは目指せないにしても、昨日の自分は越えたいですからね!

VR視点変更・SEGA AGESバーチャレーシング
このデモ画面も懐かしくて、タイトル画面放置でボーッと眺めることもしばしば。

「VRボタン」という今の世から見れば紛らわしいネーミングですが、要は視点変更ボタン。

まだ3Dゲームが珍しい時代でしたから、視点がリアルタイムに変えられる点は、当時としてはすごく画期的だったと思います。

ローカル8人対戦まで可能なSEGA AGESバーチャレーシング
Switchのバーチャレーシングの大きなウリは、1台のSwitch(と4組のジョイコンで)最大8人までのローカル対戦が可能。

1台のテレビで8分割表示という荒技!

Switch1台に当時のゲーセン基板が8台分詰め込められるってのも改めて凄い話ですね。

2人プレイなら2分割、3人プレイなら3分割…と細かく指定できるのも凄いですが、残念なのは私にはローカルで対戦してくれる友達がいないこと…!

いえいえ、1人プレイでも十分楽しいのがVR!(負け惜しみじゃ無く!)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>