NX前夜の伏兵現る!? 30本のゲーム内蔵の可愛いミニファミコン、任天堂から11/10発売!

手の平に乗るくらい小さくなったファミコンって何!?

見知らぬメーカーが作ったパチモン商品かと思いきや、任天堂純正のニューハードでビックリ!


最近、3DSのVCがとんと来ないと思ってたらコッソリこんなの作ってたんですか!

・テレビにつなげて遊べる(HDMI端子)
・30本のゲームが内蔵されている
・小さいコントローラでちゃんと遊べる
・2コンのマイクはダミー
・1つのゲームに付き4カ所の中断セーブが出来る
・ゲームは追加することは出来ない(初期30本限り)
・電源はUSBから

動画を見る限り主立った機能はこんなところ。

名称は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(長い!)

2016年11月10日発売で、定価5,980円(税抜き)

ゲームが30本限りなのが残念。SDカードなんかで追加出来たら良いのになぁ、と感じたものの、コンパクトにしたファミコン筐体そのままのデザインってだけで物欲急上昇。

ゲーム1本分くらいの価格設定もまたニクイ。


公式サイトを見るとパッケージデザインもファミコンそのままなのも良い。先日のスーファミ版New3DS LLで味をしめたか任天堂!

NXへ向けての伏線…いや伏兵かもしれない

9月にニンテンドー2DSを発売してみせたり、11月にミニファミコンを発売してみせたり、「NXが発表できるのはもう少し先になっちゃいそうだから、しばらくはコレで遊んでてね!」的な”つなぎ”として用意してみせたのかしら。

ミニファミコンも魅力的だけど、3DSやWiiUのVCをうんと充実して欲しいなぁと思っている者としてはちょっと複雑だったりもします。仕様を見る限り、どこでもセーブはVCのほうが利便性高そうだし。

でもミニファミコンを見て心に響く昭和のオッサン世代は、私みたいにいつまでもゲームにかじりついてる子供みたいな人よりも、ゲームから離れてしまった人のほうが圧倒的に多いだろうから、ミニファミコンはそんな世代に振り向いて貰うには効果的でしょう。

あまり夢の無いことを書くと、通常のVCより稼げるって判断なんだろうなぁ。

いや、待てよ。

任天堂のことだからそんな目先の利益だけではないかもしれない。

ゲームから離れたオッサン層(←でもスマホでゲームしてたりする)に自宅のテレビでゲームを遊ぶ習慣を思い出させた頃に、NX発表でドーン!と一気に取り込むことを狙ってるとも考えられなくはない。

だとするとミニファミコンは、単なる”つなぎ”なんかじゃなく、なにか面白いことが始まる伏線であり、伏兵なのかもしれません。

スーファミ版New3DS LLをゲット!SFC-VCのさらなる勢力拡大に期待!
「Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション」が任天堂より到着!4月12日に予約受付スタート。当初は7月下...
スポンサーリンク

コメント

  1. 京太郎 より:

    あ。よくわかった(笑)
    なるほど、ゲームはすでに内臓されているのね。
    ファミコン世代を呼び戻そうとしていまつよねぇ。
    この赤白デザインで パッケージまで……
    ゲーム機としては お手軽価格だし。
    んーーーーーー。ちょっと欲しい。。。

    • ひらら より:

      ▼京太郎さん
      そうなんです、コレだけ買えば家のテレビで遊べるんです。
      形そのものがノスタルジーなので、
      そこらに飾っておくだけでも目を楽しませてくれそうです(笑)

  2. あまとき より:

    コヤツ調べてみたらどこの通販サイトでもほぼ全滅状態になっててオークションでも高値で転売されてましたよ!なかなか売れてるみたいですね~

    ただ個人的にはパッドが小さいのが印象良くないですね~。せめてクラシックコントローラーとかを接続できるようにして欲しかったです。

    • ひらら より:

      ▼あまときさん
      発表の晩あたりにAmazonをのぞいたら早くも転売価格で驚きました。
      たぶん、発売日当日、店頭でそう苦労なく買えるくらいの量は
      生産するんじゃないかと甘く見積もってます。

      たしかにパッドが小さいのは気になりましたが、
      そのあたりも含めてコレクターアイテム的なポジションでもあるんでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>