完全室内飼いの ねこが脱走した時の喪失感たるや!首飾りに連絡先を入れて反省会

ケミィ、脱走から帰って来た直後
完全室内飼いのねこ、わが家のケミィ(♂12歳)が先日脱走をはかりました。

12年間、ノー脱走で過ごせてきただけに、部屋から居なくなったことが分かった時の衝撃は計り知れませんでした。

「肝を冷やす」という言葉がまさにピッタリ。冷えまくりでしたよ、キモが!

気付いてからすぐ(30分以内に)捕獲できたのが何より幸いでしたが、もし帰ってこなかったら、今こうして呑気に暮らせてなかったと思います。

脱走の様子はマンガでも描きましたが、コチラの記事で改めて反省点をまとめてみます。

最大の敗因は”網戸”の戸締まり

ケミィに脱走を許した最大の原因は戸締まり。

今回の敗因は網戸。
網戸
この絵の状態がいつもの状態。

窓を開けても網戸はしっかり閉まっています。

が、今回は
kmy-escape0001
なぜか網戸がフル開放だったのです。

暑い日にベランダの窓を開けるのは日々の習慣ですが、網戸はほぼ固定位置でした(絵の左側)。

が、前日の洗濯で珍しく外干しをして(普段は内干しというズボラ一家)、網戸を動かしていたんですね。久々に。

それに気がつかず、いつもの習慣で左側の窓をオープン。

網戸がフル開放だと気がつかなかったのは、暗黙の信頼感と起き抜けの寝ボケアタマのせいでした。

まさにポカミス。

これからは窓を開けるたびに網戸を疑ってかからねば!

首飾りに連絡先は必須

ケミィを飼い始めた頃は、首輪に迷子札のようなモノを付けていました。

数年ぶら下げ続けて、迷子札もボロボロになってきたせいか、いつしか付けなくなっていました。何年も脱走レスで過ごせてきたので「大丈夫!」という油断もあったと思います。

が、今回の件で、連絡先を書いておくことの大切さを痛感!

せっかく半年前に赤いバンダナを付けてあげたのに、
赤いバンダナ
ココには何も書かずじまい。

ケミィがいない空白の時間、最悪の事態も考えて「あぁ、なんであんな良い場所に連絡先を書いておかなかったんだ!」と何度思ったことか!

ってことで、捕獲直後、
首飾り(バンダナ)に電話番号等を書く
バンダナの裏に名前と電話番号などを早速マジックで書きました。

裏写りするので、一瞬ためらいましたが、いやいや「裏写りより、もしもの時のほうが大切だろ!」と思い直し、キュッキュッと書き上げました。

これからも首輪を替えるタイミングで迷子対策はしっかり考えよう。

脱走したねこはそんなに遠くは行かない

kmy-escape0003
窓を開けたのが朝9時すぎ。脱走に気付いたのが11時すぎ。

最大2時間いなかった計算になります。

気付いた時はなかばパニックに陥りました。

外に出て遠くまで探しに行かなきゃ!となぜか思っちゃうんですが、脱走したねこって意外と遠くには行かない、とどこかで見たのを思い出しました。

現に数年前わが家のベランダに迷い込んだねこも、同じマンションの別の階の方が飼っていた子でしたし。

てことでベランダの周囲に絞って捜索。

といっても、やったことと言えばマンガに描いたとおりで、ひたすらカリカリの音をベランダから轟かせただけ。
kmy-escape0011
隣のベランダからヒョッコリ顔を出してきてくれたときは、救われた気持ちでいっぱいでした。(そんな近くにいたのか!という驚きも)

が、常に食欲旺盛な性格だからこの方法で見つけられたものの、もし食の細い子ならどうして良いか見当が付かなかったかもしれません。

同居猫は脱走しなかった

このブログの常連さんなら「あれ、もう1匹の山田は?」と思われたかもしれません。
山田
同居猫の山田(♀11歳)は脱走していなかったのです。

窓の開いた部屋でチョコンと座っていました。たまたまなんだと思いますが、これも不幸中の幸い。(もしかしたら一度出て帰って来たのかもしれませんが)

でも山田がいたから、「ケミィもまだ部屋にいるんじゃないか!?」と淡い希望を抱いて部屋中探しまくった結果、居なかったという絶望感も味わうことになったんですけれども、いやいやそもそも悪いのは私自身ですね。

平凡な日々のありがたさ

こうして笑い話に出来るのも、無事戻ってきてくれたからこそ。

もし今もケミィが帰って来なかったら、当日仕事でいなかった相方にこっぴどく絞られていたのは言うまでも無く、周囲の捜索、迷子ビラ配り等々、気をもむ生活が始まっていたに違いありません。
kmy-escape0021
本当に帰って来てくれて良かった。食欲旺盛万歳!

でも脱走から帰って来たあと、ちょっとだけ性格が変わった気がします。勇敢さが増したというか。ワガママさに磨きがかかったというか。見知らぬ世界を自分の足で味わったことで一皮むけたのかしら…。

※今日の体重: ケミィ3.9kg(↓) 山田3.4kg(→)

ケミィはじめての脱走(マンガ)
わが家の飼い猫ケミィが脱走。その時の様子をマンガにしました。        ...
スポンサーリンク

コメント

  1. 京太郎 より:

    ほんとによかった よかったぁぁぁ(T-T)
    サイレント漫画からも 当時の焦りが伝わります。
    もう 心臓ばくばくですよねぇ。
    マンションだと ベランダがつながっているから それもよかったかもしれませんねぇ。
    一戸建てだと どこをどう探せばいいのか わからない。。。

    そう、第一報を聞いたとき、山田はどしてたんだろと。
    触れていなかったから 山田の方は大丈夫だったんだろうなぁとは思っていたのですが。
    マイペースなのか、ちゃっかり屋さんか(ちらりと外にでた?)
    どちらにしても よかったよかった。

    迷子札は必需品です。
    脱走の他に これから先、いつなんどき天災がふりかかるかわかりませんしね。

    ここに来ての冒険は ケミィの人(猫)生に 変化をもたらしたか。
    脱走が趣味になりませんように。。。

    *******
    ↑「算数」が 英語です(T-T)

    • ひらら より:

      ▼京太郎さん
      ありがとうございます。まさに心臓バクバクでした。
      万が一見つからなかったら今日までずっとお通夜な日々を過ごしていたと思います(^_^;

      確かにベランダがつながっているのは有り難いですね。
      遠くに行く前に、他の部屋がケミィの好奇心をつかんでくれたのは
      ホント幸運でしたが、マンションならではの強みでもありますね。

      山田の生存確認は安心材料でしたが、
      ケミィの喪失のショックが大きく上回っていたので色々後回しになっちゃいました(^_^;
      当時も慌てながらも、山田まで逃げないよう別の部屋に隔離した上で捜索してました。

      迷子札、そうですね。
      迷子にならなくても天災が来る可能性もありますもんね。
      しっかり付けておかねば。

      >脱走が趣味になりませんように。。。

      脱走前からもチョクチョクありましたが、
      玄関のドア前でスタンバイすることが多いのがちと心配です(^_^;

      >↑「算数」が 英語です(T-T)

      おお、漢数字は確認してましたが、英語にもなってるんですか!
      むしろ外人のスパムが多いからこれを取り入れたのに、
      英語にされると意味が・・・(^_^;

  2. 管理人様、こんにちは。
    最近、ケミィ様がバンダナ姿になっているのはこうゆう事が有ったからなのですね。

    実は、我が家にも(屋内で飼っている)弟の猫2匹居まして。ケミィ様のように”さーちゃん”と呼んでいる白い猫が脱走したことが有ります。最近は、脱走しても家の回りに居るので読んだら飛んできますが、こちらに来た時は、近所に行ったり、家の床下に入り込んだりして大変でした。
    だから、理由が分かってお察しします。

    • ひらら より:

      ▼播・備鉄道さん
      ご心配ありがとうございます。脱走されると焦りますね。
      バンダナは2月の誕生日プレゼントだったのですが、
      特に何も書いていなかったので、今回の脱走を機に連絡先を記入しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>