とび森でエポナも呼べる、amiiboリンク(時のオカリナ)をゲット!

amiiboリンク(時のオカリナ)パッケージ
12/1に発売された新しいamiibo(アミーボ)、「時のオカリナ」バージョンのリンクを買って来ました。

ゼルダamiiboはこの日、一斉に4種類発売されました。

ネコ目リンク好きとしては、風のタクト版リンク&ゼルダを買う気満々でジョーシンに出向いたのですが、現物を見てみると「うーん、顔がちょっと惜しい…」と感じてしまって保留。特にゼルダ姫の目元口元が惜しかった。

で、優先度的に低かったこの時オカリンクを一人だけレジに連れて行った次第ですが、「とびだせ どうぶつの森amiibo+」で使える(品薄のシークの代替になる!)のがかなり大きかったりします。はい、不純な動機です。

では、時オカリンクamiibo自体のレビュー、さらに、とび森amiibo+で使ってみた様子までザッとご紹介。

ディティールチェック

オカリナ吹いてるリンクが渋い
タイトルどおり、まさにオカリナを吹いてる最中のリンクが哀愁たっぷり。
 
でもよく見たら吹いてない…!
が、反対側からよく見ると吹いてない…!

息継ぎの途中なのか吹く直前なのか。
 
背中に背負ったハイリアの盾
背中に背負ったハイリアの盾の存在感がバツグン。

サイズが大きいことも手伝って、スマブラシリーズのリンクamiiboと比べるとなかなかの出来映え。

よく間違えられますが、ハイラルの盾ではなくハイリアの盾が正解。
 
amiibo_tokilink_4
台座は今回のゼルダシリーズ初のオリジナルデザイン。

スマブラamiiboでゼルダ関連をいくつか集めましたが、やっぱりハイラルの紋章が描かれてるこっちのほう良いなぁ。
 
歴代リンクamiibo比較
歴代リンクamiibo集合。

リンク(左端)の剣が曲がってしまって、うっかり雑に保存してしまった過去の自分におしおきしたい。

今回未購入の風のタクトリンクを加えたらカンペキだけれども、トゥーンリンク(スマブラ版)でわりと満足してる節もあるのでどうしようかしら。

(あ、ウルフリンクを並べるのを忘れていた)

とびだせどうぶつの森でエポナを召喚

では、11月に大型アップデートされた3DS「とびだせ どうぶつの森amiibo+」で時オカリンクamiiboをタッチ!
時オカリンクをどうぶつの森でタッチamiibo
魔法のランプを使って、下画面にタッチ(New 3DSの場合)すると、エポナを召喚することができます。

このエポナ。

時オカリンク発売前は、エポナ召喚にはシークamiiboのみが対応。そのシークが市場在庫からほぼ姿を消していたためプチプレミア化。

ニガイ思いをしていたところ、時オカリンクがエポナ対応と知って、購入意欲が急上昇したわけです。いやいや、時オカリンクamiibo自体もカッコ良いですよ!
 
エポナ参上
エポナ参上。

馬なのにクルマで移動中という設定がシュールすぎる。

彼女をオートキャンプ場に呼んで、他のキャンピングカー住人と同じようにオリジナル家具がいろいろ交換できるわけですが、目玉家具は、
タルミナの月
タルミナの月。

圧倒的な存在感!

アップデート前からすでに始めからある普通の「つき」と同様、専有面積は4ブロック分でした。タルミナの月の前でAボタンを押すとゴゴゴゴと不穏な音がします。

さらに、
ゴシップストーン
ゴシップストーン。

Aボタンを押すと、原作同様ボヨヨーンと伸び縮みして時刻やウワサ話を教えてくれます。

ウワサ話は主にアップデート後に追加された小ネタ要素。

住人の引っ越し予定とか教えてくれたら便利なのですが、そこまでの機能は無いようでした。

しかし、
エポナ、まさかのアイドル女子!
どうぶつの森のエポナ、性格付けが自称アイドル系(アタイ系)なのね!

個人的には、普通系(わたし系)かアネキ系(ウチ系)のほうがシックリ来ると思ってたので、そのギャップに驚き。

 
ちなみに、とび森で使えるゼルダシリーズamiiboの対応は次の通り。

  • ウルフリンク…Sリンク/Sゼルダ/ウルフリンク
  • エポナ…Sシーク/時オカリンク
  • ガノンドロフ…Sガノンドロフ/ドットリンク
  • メドリ…Sトゥーンリンク/風タクリンク/風タクゼルダ

※「S」はスマブラ版amiibo

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>