3DS「電車運転指令!」の実車風ラッピングを探る/国鉄・JR特急編

電車運転指令!ラッピングの数々
3DSの列車運転ゲーム「電車運転指令!東海道編」の膨大なラッピング群(全150種)の中から実車に近いデザインを探そう企画第2弾。

前回の関西私鉄編に続いて今回は国鉄・JRの特急列車に近いデザインをご紹介。

「電車運転指令!」は、上の画像のような”あか抜けない”デザインが多いので、実車に近いデザインはけっこうな希少種。それだけにガチャで引いたときの嬉しさもひとしおだったりします。

国鉄特急風ラッピング

国鉄特急色風ラッピング
ゲームプレイ済みの人ならご存じ、電車運転指令で操作できる電車には「ふつう」「かいそく」「とっきゅう」の3つの車体があります。

それぞれに国鉄特急色風味なラッピングが用意されていたので、まずは一気に並べてみましょう。

ふつう22番。
ふつう22番
うーむ、思ってたのと違う。どっちかって言うと「なのはな」っぽい。
 
かいそく34番。
かいそく34番
無難にまとまってる感じだけど、各駅に止まりそうな雰囲気。
 
とっきゅう34番。
とっきゅう34番
かなり装飾が付け加えられているけれど、特急感の強い車体にマッチングしていて国鉄特急イメージはこれが一番。

伊豆方面へ向かう特急風ラッピング

ラッピングとっきゅう42~44
お次は、伊豆方面へ向かう特急「踊り子」号風味ラッピング。このゲームの舞台である東京~熱海間を走っていても一番違和感の少ないカラーリング。

とっきゅう42番。
とっきゅう42番
251系スーパービュー踊り子っぽいけれども、平屋の電車にダブルデッカーのままのイメージを貼り付けるのはさすがにムリがあったか。
 
とっきゅう44番。
とっきゅう44番
伊豆急行リゾート21っぽいけれども、あとから描き加えられた前部側面窓の蛇足感が否めない!

中央本線の特急風ラッピング

ラッピングとっきゅう36-37
松本方面へ向かう特急「あずさ」「かいじ」っぽいラッピング。
 
とっきゅう36番。
とっきゅう36番
公式サイトトップページで見られるラッピング。E257系に比べて5色の四角デザインがかなり控えめになったため、あずさかいじ感は薄めに。

とっきゅう37番。
とっきゅう37番
それとなく183系あずさ色のテイストを感じるラッピング。運転台右下の赤&緑色のアクセントに旧あずさ色の香りも。

西日本の特急風ラッピング

ラッピングふつう38-39
JR西日本エリアを走る特急列車風味なラッピングから2種類。
 
ふつう38番。
ふつう38番
山陰エリアを走る「スーパーいなば」等の187系風味。先のあずさよりも再現度は高め。
 
ラッピングとっきゅう46
46番のこのカラーリングは見るからにアレだ!

とっきゅう46番。
とっきゅう46番
「はしだて」「きのさき」「北近畿」などJR西日本の京都・兵庫北部へ向かう特急車。

このゲームにしては実車との違和感が少なめで、個人的にかなりお気に入りのデザイン。

寝台特急風ラッピング

ラッピングふつう39-40
最後に寝台特急風味なラッピングを3つ続けて。

ふつう40番。
ふつう40番
EF65+客車!

機関車+客車の組み合わせを普通の電車に当てはめる強引な手法だけど、ヘッドライトのポジションも相まってわりと似合ってる。

ラッピングかいそく34-35
見るからにサンライズな模様だけど…。
 
かいそく35番。
かいそく35番
通勤車両に貼られたサンライズカラー!
イスを全部撤去しただけのノビノビ車両とかありそう。
 
ラッピングとっきゅう34-35
国鉄色っぽい34番のすぐ下、思わず目を引く35番。

とっきゅう35番。
とっきゅう35番
EF510北斗星色+カシオペア客車のラッピング!

カシオペア色電機じゃなく北斗星色を先頭に持ってくるセンスに思わず感心してしまった。(このゲームの都合上、デザインは実車から変えてあるけれども)

ご丁寧にEF510の前面窓まで描かれているのが面白いので、(カシオペア風カラーの)最後尾がどんな顔をしているのかが非常に気になりますが、このゲーム、走行中も鑑賞モードでも後ろの顔を拝むことができないのが残念!

3DS「電車運転指令!」の実車風ラッピングを探る/関西私鉄編
3DSの列車運転ゲーム「電車運転指令!東海道編」では、ガチャを回すことで電車のラッピングがどんどん増えていきます。その数、合計1...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − 七 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>