雑誌「鉄おも!」132号にマンガを描きました&付録ポスターイラストも/徳島後編

鉄おも!Vol..132(2018年12月号)
11/1発売の雑誌「鉄おも!」2017年12月号(Vol.132)に、連載中の「マンガでんしゃ遠足隊」最新話を描きました。

今月は「ヤットサ~!来たぜ四国の徳島へ!の巻」と題して。先月号から続く徳島遠足の後編。ついに徳島駅へ到着します。

付録のお風呂ポスターも描きました

今月号は付録に「両面お風呂ポスター」が付いて来ます。その片面のイラストを担当させていただきました。
鉄おも!Vol..132付録お風呂ポスター1
どんなイラストかというと、まちがいさがし。

左右の絵で10個のまちがいが隠されています。水に濡れても大丈夫な素材なので、お風呂に貼ってジックリ楽しんでいただければ!

鉄おも!Vol..132付録お風呂ポスター2
ひっくり返すと、車両マッチングゲーム。

すべてあらわになった神経衰弱のような感覚で、同じ車両(でもアングルが違う写真)を見つけて当てて遊べます。

こちらは私の担当ではないですが、どちらでもお好きなほうをオモテにして貼ってみてください。(まちがいさがしだと、ちょっぴり私が喜びます)

プチ・アルバムアワー徳島編

マンガ本編で描き切れなかったこぼれ話をポツポツと。

新車導入が進むJR四国ですが、奥に行けば古い特急もまだまだ大活躍!
キハ185系・特急むろと
こちらはキハ185系の特急むろと号。
徳島駅から南へ、牟岐駅・海部駅方面を目指します。その先にはちょっと遠いけれど、有名な室戸岬があります。

キハ185系・剣山
こちらもキハ185系の特急 剣山号。
徳島駅から西へ、阿波池田駅方面へ向かいます。

キハ185系は国鉄末期の新車だったので、まだ新しいイメージがありますが、もう30年選手なんですね。

池谷駅
一方、ここは高徳線(高松~徳島)の途中駅、池谷駅。

池谷と書いて「いけのたに」と読みます。支線である鳴門線(なるとせん)との分岐駅。

左側が高徳線、右側が鳴門線。

分岐感がよく分かると思いますが、面白いのがそれら2線の間に挟まれた場所に駅舎がある点。

ちょうど写真中央の建物が駅舎です。マンガに盛り込みたかったのですが、コマ数が足りなくて泣く泣く断念!

鳴門駅前の足湯
鳴門線の終点、鳴門駅も寄ってみました。

駅前には足湯がありますが、訪れた日は運悪く休業日(月曜)。

次行くチャンスがあれば月曜日は外したいところ!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>