あっという間のアツイ1時間! WiiU「Splatoon」試射会に参加してみました!

splatoon150509
今、Wii Uで最も注目されているゲームが5月28日発売の「Splatoon(スプラトゥーン)」。

5/9~10に「完成披露試射会」と銘打って体験会が開かれたので参加してみました。

体験会といってもどこかの会場を借りて、とかではなくて自宅のWii Uで。要は体験版。が、いつもの体験版とはちょっと…いや、随分ちがう!

普通の体験版はダウンロードしたらいつもで自由にプレイできますが、Splatoonの試射会は日時限定。3回限りでそれぞれ1時間こっきり。「この時間を逃したらプレイできないじゃないか-!」というレア感にプレイ欲も急上昇。これプロモーションうまいな~、と感じました。大注目されてるゲームだからこそ、って部分も大きいんでしょうけどね。
 
私は5/9の20~21時の部に参加しましたが、その前の昼12時からの部を逃してしまった分、ムダに飢餓感が煽られて20時の開始までに夕食もキッチリ終わらせましたよ!
 

実際にプレイ!

とりあえずサワリ程度プレイしたら退散しようかな、と軽い気持ちで始めたら気がついたらもう30分!

どんなゲームだったかというと、
 
 
・プレイキャラはイカ!(人←→イカにトランスフォーム)

・4人 vs 4人 のチームに分かれてのネット対戦。

・チームはグリーン vs オレンジのように色で分けられます。
 

チームカラーのインクが出る銃で撃ち合って、相手を倒す……ではなくて、インクで床やカベを塗りまくって、インクを塗った面積の大きいチームが勝ち! というユニークなルール。
 
 
銃で相手を倒すこともできますがそれがメイン目的じゃなくて(撃てば相手を一定時間足止めできます)、色で勝敗が決まるってのが平和的な解決法でいいですね。世の争い事も傷つけ合わずに色塗りで戦えば良いのに、なんて思ったり思わなかったり。

そんなこんなで、

勝った-!→たのしい!

負けたー!→もっかい!

の繰り返しで1時間があっという間に過ぎ去っていきました。
 

初心者にもそこそこやさしそう

銃で撃ち合う対戦ゲームって、手先が器用で反射神経の良いゲーマーが有利と相場は決まってるんですが、Splatoonは色。とにかくヘタクソでも床やカベに色を塗りたくってればそれだけでチームに貢献できるんです。素晴らしい。

銃以外に選べる大きなローラーがさらに初心者仕様でけっこう楽しかったです。

グワッと大きな面積を一気に塗りたくれるのが気持ち良いので、慣れないうちはゴロゴロ塗りまくってるだけでもなかなか快感でした。いかに敵に見つからないように、コソコソやるのがスリル度高し。塗り残しの無いようにキッチリ塗ってみようとか思っちゃった私は職業病か!
 

Splatoonは去年あたりに初めて発表されたときから(まだ動画だけなのに)世のゲーマーたちをクギ付けにしてしまったという、謎のオーラを持つゲームでした。

私もけっこうなゲーム好きだけど、そこまでの熱は抱けて無かったんですね。デザインも独特だしなんとなく良い感じだな-、程度で。が、今日実際触れてみたら「あぁ、こういうことか!」な手応えを感じるには十分。Wii U持ってる人なら手を出して間違いはなさそうです。
 

7/9再出荷!スプラトゥーンamiibo再販決定!イカは7月下旬予定
お待ちかね!Wii U「スプラトゥーン」のamiibo(アミーボ)の再販が決定!7/7に任天堂amiibo公式サイト、公式ツイッ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>