まるでラグビーな新ルール「ガチホコ」開始!フェス第4弾はアリvsキリギリス/スプラトゥーン

フェス第4弾アリvsキリギリス
Wii U「スプラトゥーン」で8/15からガチバトルの新ルール「ガチホコ」が追加!

ガチホコは事前に公式ツイッター等で拡散されていたので、スプラトゥーン起動時のいつもの漫才で「ああ、ガチホコのお知らせくるぞ」と思ってたら、その前に舞い込んできたフェス第4弾の告知にビックリ。

イベントにおける抜き打ち感って大事ですね。

フェス第4弾はキリギリス vs アリ

今回のテーマは、
フェス第4弾
自分を例えるなら? キリギリス or アリ

前回はキリン「午後の紅茶」対決、前々回は「赤いきつね」か「緑のたぬき」対決と、企業協賛が続いたので、抽象的なテーマに「お?」と肩の力が抜けた感。

しかしこの時期と絶妙にマッチング。

夏休みの宿題を最終日にまとめてやる派はキリギリス(アオリ側)、コツコツやって既に終わってる人はアリ派(ホタル側)を選べと。なるほど~。

私の学生時代は胸を張って言える。キリギリスだったと!

時には8月中に宿題が終わらなかったことも!…いやいや、胸を張れることじゃないですよね。

キリギリスな人種のほうが間違いなく多いはず!ずーっと少数派続きだった私も今度こそは多数派に入れるかも?

でもキリギリスは怠け者、アリはコツコツ真面目人、ってことなら丁度半々に分かれたとしても、アリ派のほうが理論派・強い人が集まったりしてまたしてもボコボコにされるのかしら。

そんなフェス第4弾は
8/22(土)昼12:00~ 8/23(日)昼12:00開催です。

アリとキリギリスといえば真っ先にあのコンビを思い出す世代ですが、
ミーバース、アリキリ
そうか、今の人たちにとっては彼らはもはや「昔の」芸人であり「古い」のか。そうかー…。

新ルール「ガチホコバトル」

スプラトゥーンには、誰でも気軽に参加できる「ナワバリバトル」と、腕に自信のある人が参加する「ガチバトル」と2種類のバトルがあります。

後者のガチバトルには複数あって、今までは「ガチエリア」「ガチヤグラ」の2種類。今回、3種類目となる「ガチホコバトル」が追加されました。

カンタンに説明すると、
ガチホコ
マップ中央に転がっている「ガチホコ」。名古屋のシャチホコみたいです。

最初はバリアに包まれているので、みんなで撃ってバリアを破壊。誰でも良いので1人がガチホコを持ちます。

ガチホコを持てるのは1人までなので、
ガチホコのゴール
ガチホコを抱えてる人が、敵陣のゴールポイントに持って行けば勝ち。

というきわめて単純なルール。

ガチホコを持たない人は、持ってる人を護衛したり道を作ってあげるのが主な役割。

ボールを抱えて敵陣にタッチダウンのあれ、そう、なんだかすごくラグビーっぽいし、実際プレイしてみると、スポーツの一種みたいでけっこう楽しい!

プレイ前はガチホコ持ってヘマしたら迷惑かけるかなぁ、と心配だったりもしましたが、少しでも前へ(敵陣側へ)持っていったほうが判定勝ちに持ち込めるので、とりあえず持てる人がサッサと奪って前へ(時には多少回り道でも安全ルートを選んで)進めることが大事ですね。

ガチホコ持ってる人がイカセンプクすると、ゲームパッドのマップから表示が消えるので、いたずらにガチホコショットをバシバシ撃って居場所を知らせるより、潜ってウラを突くほうが勝利に貢献できるんじゃないかと感じました。

おまけ/ガチホコでドヤ!

ガチホコ持ったときのイカたちの表情が、
ガチホコのどや顔
すごくドヤ顔!

すごく嬉しそうで、見てるこっちまで嬉しくなります。

バトル中は顔まで見てる余裕なんて無いので、マンメンミ…満面の笑みをじっくり見たい方は「さんぽ」モードでぜひ。

※画像の和装ギアについてはコチラで。
 
残暑見舞いにしてもしっくりくる。
けど、むしろ暑中見舞いのほうが合ってたか。
ガチホコのドヤ顔で残暑お見舞い
ロケ地:モンガラキャンプ場

※フォントは、コチラのフリーフォント「イカモドキ」を使用させてもらいました。

和装ギアとバケツで出前プレイが楽しい大型アップデート!イカ娘にもなれるぜスプラトゥーン
8/6にWii U「スプラトゥーン」の大型アップデート(Ver.2.0.0)が無料配信!Splatoon更新データ(Ver.2....
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>