テツ初め2018、KATO50周年記念C50形が入ったジョーシン福袋をゲット!

2018鉄道模型福袋Eセット
新年からムダづかい!

元日にジョーシンwebで販売された鉄道模型福袋Eセットを衝動買い。

福袋は毎年いろいろリサーチしてますが、実際に買ったのはひさしぶり。

梱包はいつものジョーシンダンボールで福袋らしさのカケラもありませんが、中身さえ五体満足ならそれでOK。

ってことで早速オープン!

アニバーサリーな福袋

2018鉄道模型福袋Eセット(開封1)
この黒々としたパッケージはそう。KATO 50周年記念のC50形蒸気機関車。

KATOの製品第1号であるC50を今の技術で復刻したアニバーサリー品。

2016年の発売当時から気になっていたものの、お高いお値段に手が出せないままスルーしていました。

このC50にポポンデッタの貨車2両(タキ1900・トキ250)を加えた福袋が12,000円。貨車分を考えればそこそこ安め。

それでも少し悩んだものの、今を逃せばきっと縁は無いだろうし、もし親戚の子供があと2人ほどいたらお年玉で消えてるな…よし。と考えることにして思い切ってポチった次第!

それに福袋にアニバーサリー品が入ってるってだけで縁起物っぽくて福々しいじゃないですかっ。

2018鉄道模型福袋Eセット(開封2)
嬉しい誤算だったのが、KATO Nゲージ生誕50周年の記念冊子(左上)が付いて来たこと!

限定の引き替え期間はとっくに終わってたので、無いものとばかり思ってました。

美術館の画集ばりに大きく分厚いハードカバーで、パラパラっとめくると写真よりも文字が多くて読み応えあり。社内で配る記念書籍(社史)っぽい雰囲気たっぷりですけど、KATOの歴史や製作工程を知るには良き資料だと感じました。

また時間のあるときにジックリ読もう。

KATO C50パッケージオープン
黒いパッケージを開けると、C50、その下には記念映像が込められたDVD&ミニブックが付属。

DVDでKATO第一号製品である初代C50が走ってる映像はなかなか貴重。Nゲージ一発目の製品からSL製作をやってのけるって、今考えても凄いことですよ。

単体プラケースも初期製品オマージュ
C50単品パッケージは1965年当時を再現した紙スリーブ入り。

SEKISUIはKATOの会社名の関水金属。子供の頃はカンスイ金属って読んでました。ゴメンナサイKATOさん。

C50形をザっとながめる

では、メインのC50形蒸気機関車をザッとながめてみます。

ただ、SLについては浅い知識しか無いので、あまり突っ込んだことは書けないのです。ご容赦をば。
ナンバープレート4種
ナンバープレートは4種類(21・35・50・54)から選べますが、特定ナンバーにこだわりが無いので、

c50形ビュー1
50号機をチョイス。

50周年だから50。ベタですね。でもこれを選んだ人が一番多い気がします。

ナンバープレートは試しに接着剤ナシで付けてみたらほぼ固定できたのは驚きました。最近、機関車自体の新製品もご無沙汰でしたが、そういうところでも進化してるんだなぁ。

進化といえば細部表現が素晴らしい。
c50形ビュー2
配管類の一部は可能な限り別パーツ化されていたり、

c50形ビュー3
連結面の狭さにケーブル類の精密さ。

NゲージのSLといえば、キャブ(運転室)内にでっかいモーター丸見えだった頃の製品しか持っていないので、窓から向こうが見通せるこのスッキリ感に感動。

c50形ビュー4
テンダー(炭水車)表面のリベットの嵐も素晴らしい。

c50形ビュー5
本当によく出来ていると思います、このC50。

しかしながら細密さと扱いやすさはトレードオフ。

ケースから取り出すだけでも、壊れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤものですよ。

先端のポール(右側)が少し曲がってますが、これはケースを開ける前からこうでした。惜しい。

曲げグセを戻してやりたいけれど、ポッキリ逝ってしまう不安が打ち勝って勇気が出ない…!

タキとトキ、ポポンデッタの貨車2両

すっかりC50コーナーになってますが、福袋にいっしょに入っていたポポンデッタの貨車たちもご披露しておかねば。
ポポンデッタ・タキ1900
タキ1900 大阪セメント(ポポンデッタ品番7125)

ポポンデッタ・トキ250
トキ250 関東鉄道(ポポンデッタ品番7043)

ポポンデッタ製の車両がわが家に来るのはこれが初めて。

恐らく両方ともC50が引いたことは無いとは思いますが、黒いSLには黒い貨車が良く似合う的なフィーリングでまとめて福袋に入れられたんでしょう。

素晴らしき走行性能

c50形とポポンデッタ貨車を連結
貨車2両を連結してみました。

細かいことを気にしなければ、これはこれで良いブラック編成。

いざ、走らせてみたら…

すっごくなめらか!

スロー走行もとても良く効くし、ジジジ音もなく静か!

SLなので、ある程度騒音を鳴らしても私的にはOKですが、鉄コレ動力に浸りきった身としては、超上質なモーターに感動しまくりですよ。むしろ、後ろの貨車のほうがウルサイくらいですよ。

唯一気になったのはヘッドライトがまぶしい点。

旧製品みたいに電球でボワッと点くくらいでも良いかなーとは思いましたが、2015年時点のKATOの技術の集大成を詰め込んだってことなんでしょう。トータルでは十分素晴らしいです。

年始からフンパツしてしまいましたが、なかなか満足度の高いテツ初めとなりました。

今年も良き鉄道模型に出会えますように。

スポンサーリンク

コメント

  1. DD51 より:

    こんにちは。
    C50、スーパーキッズランドで予約して買いましたが、暫くしたら半値になってたんですよねぇ。
    仕入れた割には売れなかったのかもしれません。
    冊子は京都へ行って交換して貰いました。
    そちらのもケース無しなので、期限までに引き換えてたのでしょうね。
    貨車付きで、お買い得でしたね。

    • ひらら より:

      ▼DD51さん
      予約購入されてセール価格を見るのはツライですね。
      私も他でよく経験してきたのでわかります(^_^;
      いい感じに限定感も薄まって、気軽に扱いやすくなるって面では良いかも?

      ハガキは付属していなかったので、
      冊子はジョーシン側が引き替えていたのかもしれませんね。

  2. まちゃ より:

    おめでとうございます!!新年早々、C50ゲットおめでとうございます。ボクはC50については、予約しておいて買いましたし、記念誌もホビセンで引き替えました。まだ、店によっては在庫がありますよね!!この辺が読めないので、欲しい場合は、発売したら買っておかないと、手に入らないこともありますし…。最近のKATOのSLはかなり出来がよいですよ。C62、C59、D51、C56、C11、C12と最近はKATOのSLにもハマっいます。

    • ひらら より:

      ▼まちゃさん
      まちゃさんは絶対買ってらっしゃると思ってましたが、やはり(笑)
      確かに限定感の強いものは、早々に完売する危険もあるので、
      そこを読み切るのは難しいですね。

      C50を手にしてみて。
      昔のNゲージSLから随分パワーアップしてることは凄く伝わりました。
      色々導入してみたいな~とは思いますが、そこは…サイフ次第ですね(笑)

  3. 管理人様、こんにちは。

    KATOの記念仕様のC50を偶然的に入手されてよかったですね。
    当方は、旧仕様品を所有していたので、値段の関係もあって見送っています。

    最近のKATO蒸気は、精巧で実車的になって、都合が付けば導入してますが、走行で重連するとマイクロとどうしても形態差が出てしまいます。

    • ひらら より:

      ▼播・備鉄道さん
      ありがとうございます。
      記念品とはいえ、SL単品としてみたらお高いですもんね。
      KATOのSL、店頭等で展示していたらジックリ眺めてみたいです。

播・備鉄道 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

算数(スパム対策です) *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>