1000円切りの激安HDMI分配器(3出力)をゲット!自動切替え可能なデキル子/HDTV Switch

HDTV Switchパッケージ
今使ってる液晶テレビが2008年製。

当時はまだ最先端だったHDMI端子は3つも付いてるし将来も全然余裕・・・・と思っていたら2016年の今、3つじゃ全然足りない模様!

BDレコーダー、Wii U、PS3で満席だったところにFireTV Stickさん(以下、FireTV)がやって来て、暫定的にPS3と交互に使ってる状態。

来年には任天堂の新ハード(NX仮称)がやって来る可能性もあるし、HDMI渋滞問題も早々に解決しておかねばなりません。

そこで複数のHDMI機器を分岐させられる、HDMI分配器の購入案が急浮上。

798円のHDMI分配器を見つけた

ザッとHDMI分配器をリサーチすると安いもので 2,000円前後が相場。

が、さらにリサーチを進めるともっと安い製品を楽天市場で発見

送料込みで798円也。

海外製品っぽくて怪しい雰囲気は漂うものの、PC関連商品でこの手のモノをしこたま買ってきた自分ならポチる以外の選択肢は無かった。
HDTV Switchパッケージ裏
パッケージ裏の説明書きも英語。

「海外製品っぽく」じゃなくて、モロ海外製品ですね。

パッケージから正式名称は「HDTV Switch」みたいですが、日本国内のネットショップでこの単語で検索してもサッパリ出てこないのが不思議。

手の平サイズの小ささ

HDTV Switch手の平サイズ
大きさは手の平に乗るサイズ。

そして心配になるほどの軽さ。

HDTV Switch、6.5cm四方
寸法を改めて測ってみると、約6.5センチ四方の正方形。厚みは約1cmってところか。
 
HDTV Switch裏面
裏面は真っ黒。

そうそう、電源(ACアダプタ)不要なのも地味にありがたいです。

テレビ用のHDMIケーブルを用意せねば

では早速使ってみましょう。

3ポートありますが、とりあえずFireTV、PS3の2つが繋がれば良いので、IN-1、IN-3にこれら2本を差し込みます。(IN-2じゃないのは設置場所の都合)

・・・・あ、OUT出力用の(テレビに差し込む)HDMIケーブルが無い。

手持ちに予備ケーブルが無かったので別途購入しました。

テレビに近い場所に置くので1メートルくらいの短いので十分。最近は500円前後で買えるのでありがたいです。

自動切替えしてくれるのは頼もしい

OUT用のHDMIケーブルをコイツとテレビに差し込んで配線完了。

繋いでる2つの機械(FireTV・PS3)の電源はOFF。

テレビの電源をON(チャンネルは該当HDMI端子)。

まずはIN-1側のFireTVをON(スリープ解除)。
使用中1
IN-1側の赤ランプが点灯して、テレビにもちゃんとFireTVの画面が表示。

うん、成功。

あ、左の汚い字で「PS3」って書いてるキイロいの。ちょっと気になりますね。

各種ケーブル(コンセントも)の端っこにマスキングテープでこうやって目印を付けておけば、タコ足状態になっても「このケーブル、何の線だっけ??」と迷うことが無くなるのでけっこうオススメな小技です。

さて、戻ります。

FireTVをOFF(スリープ状態)にします。テレビはそのまま。

続いてPS3の電源ON。
使用中2
IN-3側の赤ランプが点灯して、テレビにもちゃんとPS3の画面が表示。

お、分配器本体に触れてないのに自動的に切り替えてくれた!

本体のSELECTボタンを押せば、複数の出力を手動で切り替えられるようになっていますが、798円という安さで自動切替えしてくれるとは思っていなかっただけに感心。これはステキだ。

まとめ

良いことずくめのようにも見えますが、上の写真を見てもわかるように、最大4方向バラバラに線がのびるのが唯一の欠点。

機器の設置場所によってはケーブルをぐるっと遠回りさせる必要があるので、見た目のスッキリさを重視するならコンセントのタップのように1方向に線がのびるタイプを選んだほうが良いでしょう。

画質は私の目でパッと見た感じでは判別がつきませんでしたが、もしかしたら多少の劣化はあるかもしれません。

テレビのウラ側に置くから気にならないよ、って人なら

・自動切替え可能
・3ポートまで対応
・ACアダプタ不要
・なにより激安

これらのメリットがなかなか美味しいオススメな一品です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 + 九 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>