「電車でGO!!」が超絶リアルに生まれ変わって来春ゲーセンに帰ってくる!

電車でGO!
2004年のPS2版「電車でGO! FINAL」でいったん幕を閉じた電車でGO!シリーズ。

その後もPSPやWii等への移植版、ケータイアプリ版やアーケードのカードゲームなど、派生シリーズはポツポツ現れていましたが、メインストリームとしての続編が出ることはありませんでした。

が、アーケード版の新作「電車でGO!!」が2017年春に稼働されることが本日発表!

最近世間を騒がせてるあのGOよりも、私たちにとってはこっちのGOのほうがなじみ深い。

おかえり、電GO!

スクウェア・エニックス監修によるCG

ニュースリリースをあちこちで見かけましたが、今の技術で構成されたCG画面が圧倒的に美麗!

スクウェア・エニックス、ヴィジュアルワークス部監修による、
圧倒的なクオリティのグラフィック!
http://denshadego.net/

スクエニ監修!?

タイトーがスクエニに吸収されてしまって以来、電GOの続編は絶望的だと思っていましたが、本気を出したスクエニCG部隊が加入してくれるなら鬼に金棒!

PS3、PS4と家庭用ゲーム機のグラフィックスはどんどんリアルに進化してるのに、電車でGO!はシリーズ終了宣言してしまったからもう出てこない。

そんな もどかしい気持ちをこの10年ほどずっと抱いていましたが、これは大きな楽しみがひとつ増えました。

電鉄・路線はアップデートで追加

今日の発表では「山手線など」と書かれていましたが、アップデートで増えていく模様。
稼働後のオンラインアップデートで日本全国の有名電鉄・路線を随時追加!
あなたの住む街の電車が運転できるかも!
http://denshadego.net/

最初は既発売のシリーズからが有力だとすれば、関西なら大阪環状線やJR神戸・京都線あたりが再びやって来るかな。もちろんまだシリーズ化されていない路線も歓迎。

VR化にも期待

ゲーセンでは筐体力を活かした、取り囲むような全4画面のディスプレイが魅力的。

前にタモリ倶楽部でリアルな飯田線のトレインシミュレーターを作ってる方がいらっしゃったけど、まさにあれが全国で体験できるわけですね。

正面だけでなく、チラっと横に視線を送ったときに隣に電車が併走していたりすると嬉しいからこの効果は絶大。

そういう意味ではすごくVRに向いてるゲームだと思うので、PSVR化も大いに期待しちゃいますね。PSVRを買うかどうかはさておくとして(それ以前にPS4も持って無い…!)。

来春発売予定の任天堂NX(仮)にVR的な機能が搭載されてたら「まさかのダークホース!」的な面白い展開なんだけど、さすがにそこは期待薄かなぁ。

って、勝手にVR前提で話を進めちゃいましたが、家庭用ゲーム機への移植&シリーズ化も大いに期待。

ひとまずは来春のアーケード版、「!」が2つになって生まれ変わる「電車でGO!!」を楽しみに待つとしましょう!!

硬派なSL運転こそが主役!3DS「鉄道にっぽん!路線たび きかんしゃトーマス編」をゲット!
3DSの鉄道運転ゲーム「鉄道にっぽん!路線たび」シリーズ。最新作の「きかんしゃトーマス編 大井川鐵道を走ろう!」を買ってきました...
ホンモノじゃないけど楽しい意欲作、3DS「電車運転指令!東海道編」をゲット&レビュー!
本日4/27配信の3DS用ダウンロード専用ソフト「電車運転指令!東海道編」を購入しました。アークシステムワークス制作の列車運転ゲ...
スポンサーリンク

コメント

  1. ミーコ助役 より:

    実現できなかった関西大手私鉄で遊びたいですね。アーケードならプレイするかわりませんが、据え置きで移植となったらやりたいです。

  2. Kaiki より:

    アーケードの新作はやはり嬉しいですね。
    自分は平成の生まれですが、プレステ2を未だに持ってます(てかプレステ2しか持ってない)。
    ハード版の電GOは幾つか持ってますが、AC版といえばときどきゲーセンで見かける電GO2の3000番だか高速編だかと、3の通勤編しかやったこと無いです。笑
    早く2017年にならんかな。笑

  3. ひらら より:

    ▼ミーコ助役さん
    関西大手私鉄良いですね。
    PS3で京阪特急の実車シミュレータはありましたが、
    美麗CGで生まれ変わった電車でGO!で遊んでみたいものです。

    ▼Kaikiさん
    PS~PS2の頃がシリーズもたくさん発売されて
    電車でGO!の絶頂期でしたね。
    私も来年が楽しみです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 一 = 5

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>